玉のような子の笑顔

玉のような子(たまのようなこ)

生まれてきた赤子に対して「玉のような赤ちゃん」や「玉のように可愛い」と表現することはないでしょうか。若い世代はあまり聞き馴染みないかもしれませんが、年配の方などは口を揃えて「玉のような子」と言います。ただこの「玉のよう」って褒められているのか、何かを形容しているのかどういう意味で使われている言葉なのかわからないですよね。これからそれを解説していきます。

玉のような子の意味

玉のようというのは、宝石のようだと美しいものや大切なものという意味の言葉になります。また、宝石に見立てて「玉のように張りがあって美しい」や「滑らか」と意味でも使われます。
ですので「玉のような子」は「張りがあって滑らかで美しい子」などの意味があり、「玉のような笑顔」は「宝石や真珠のように輝いている」というような意味で使われています。

玉のような子の由来

産まれたばかりの子は丸く肌もつるつるしており、笑顔も無垢で美しいためその新生児の見た目が丸く輝く真珠や宝石のように綺麗だと例えられるようになったようです。

玉のような子の文章・例文

例文1.正月に産まれたばかりの子を集まりに連れて行ったら玉のような子だと親戚全員に言われた
例文2.玉のような子が我が家に来てくれたから大切にしようと夫と誓った
例文3.我が子が玉のような子で心の底から可愛いと思う
例文4.久しぶりに会った友人に産まれた子を見せると玉のような子だねと嬉しそうに抱きかかえた
例文5.友達の家に行くと玉のような子がいて泣かずに抱っこさせてくれたので感涙してしまった
産まれてくる子は誰にとっても玉のように美しく可愛らしく見えますね。

玉のような子の会話例

  • 質問者アイコン

    うわ!可愛い!その子お姉ちゃんの子?

  • 回答者アイコン

    そうよー!
    どう?玉のような子でしょう?

  • 質問者アイコン

    うんすっごく可愛いね。玉のような子って真珠みたいに輝いてるって意味なんでしょ?ちょっとよくわからないけど、まぁ確かにほっぺとかつやつやしてるよね

  • 回答者アイコン

    もっちもちで気持ち良いわよ。よかったら抱っこしてみる?

出産後、赤子と一緒に実家に帰省する女性と弟の会話になります。

玉のような子の類義語

玉のような子の類義語には「大切な」や「宝石のよう」などの言葉が挙げられます。

玉のような子まとめ

赤子の笑顔というのは本当に輝いて見えてしまうほど無垢で美しく可愛らしいと感じてしまうのは一体何なんでしょうか。真珠や宝石のように輝いているという意味の「玉のよう」がとてもしっくりくるようです。
あまり馴染みがないという方でも意味がわかっていれば間違えることなく使えるし、悪い意味なんて少しもない最高の褒め言葉となるのでぜひ「玉のような子」「玉のような笑顔」と言ってみてはいかがでしょうか

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事