獅子身中の虫とは恩をあだで返す者

獅子身中の虫(しししんちゅうのむし)

寄生虫って怖いですよね。もしも寄生虫が体内にいて、内臓を荒らしていたらと思うと・・・ぞっとします。今回はそんな様子を表現した「獅子身中の虫」ということわざについて見てみます。このことわざを実際人体に対して使うことはありません。通常は組織内で使う言葉です。では、獅子身中の虫の意味や由来を見ていきましょう。

獅子身中の虫の意味とは

獅子身中の虫とは「内部から害をなす者」という意味です。獅子、つまりライオンの体内に虫が入りこみ、内臓を食い荒らしてしまう様子を表しています。
これは組織で使われる言葉です。外部の競争相手や敵であればいいですが、最も厄介なのはこのように内部で悪さをする存在ですね。
読み方は「しししんちゅうのむし」です。時々「獅子心中の虫」と書く人がいますが、これは間違いです。「心」ではなく「身」が正解です。

獅子身中の虫の由来

獅子身中の虫という言葉の由来は、仏教に辿ることができます。仏教の経典である梵網経に獅子身中の虫について言及されています。
梵網経の中では、この言葉は「仏教徒でありながら仏教に対して害をなす者」という意味で使われています。他宗教ではなく、同じ教えを信じているはずなのに仏法を破り、まるで外道天魔のように内部から仏教を破壊してしまう存在のことを「獅子身中の虫」と称しているのです。

獅子身中の虫の文章・例文

例文1.与党にとってあの議員は獅子身中の虫だ
例文2.彼はやることなすこと害しかもたらさない。まさに獅子身中の虫だ
例文3.組織において、獅子身中の虫をどう扱うかはリーダーシップの見せ所だ
例文4.彼は昇進してから獅子身中の虫と化した
例文5.何も悪いことはしていないはずなのに、獅子身中の虫と言われてしまった
上記の例文のように、ほとんどは組織において使われます。

獅子身中の虫の会話例

  • 質問者アイコン

    今回は、プロジェクトにおける失態の件、まことに申し訳ございませんでした。以後反省しますので、どうかもう一度チャンスを与えてください。

  • 回答者アイコン

    過ぎたことだから、仕方ないですね。ただし、継続には条件があります。

  • 質問者アイコン

    なんでしょうか?

  • 回答者アイコン

    田西さんをプロジェクトから外すことです。彼はプロジェクトにおいてもこの会社においても獅子身中の虫です。上の方でもいい加減にしろという声が大きいですよ。

上記の会話では、あるプロジェクトに害をなしていた人物についてのやり取りがなされています。

獅子身中の虫の類義語

獅子身中の虫の類義語となることわざに「飼い犬に手を噛まれる」「恩を仇で返す」「トロイの木馬」などがあります。「飼い犬に手を噛まれる」「恩を仇で返す」は、いずれも自分が目をかけていたのに手痛い裏切りを食らうことです。「トロイの木馬」は古代ギリシャの戦争が元になっており、敵方からスパイとして送り込まれた者が最終的に都市を滅ぼすことからきています。

獅子身中の虫まとめ

ここまで、獅子身中の虫ということわざについて見てきました。類義語に「トロイの木馬」を上げましたが、似ているようで獅子身中の虫とは違います。トロイの木馬は敵の策略なのに対し、獅子身中の虫は元からいた人間の欲望が高じて結果内部から害をもたらしてしまう、というイメージです。使い分けを気を付けましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事