独身貴族を楽しむ

独身貴族(どくしんきぞく)

近年の日本において、結婚・出産の高齢化やそもそも結婚しない男女が増加傾向にあります。こうした結婚しない男女のことを、「独身貴族」と呼びます。ドラマのタイトルとしても取り上げられた言葉なので、聞いたことがある方もいるかもしれませんが、この言葉の意味について挙げます。

独身貴族の意味とは

独身貴族とは、結婚しておらず、経済的に自立している人を指した言葉になります。この言葉には、羨ましさを込めて呼ぶ意味合いと、皮肉っぽく呼ぶ意味合いの2パターンがあります。

独身貴族の由来

独身貴族という言葉自体が使われ出したのは、1977年頃からだと言われていますが、世間に広く認知されるようになったのは、2013年に放送されたテレビドラマ「独身貴族」の影響だとされています。 

独身貴族の文章・例文

例文1.独身貴族は自由気ままで羨ましい
例文2.私は独身貴族よりも、結婚して子供が欲しい
例文3.結婚するよりも、独身貴族でいた方が経済的に安心だ
例文4.隣の家の息子さんは、独身貴族らしい
例文5.このまま独身貴族でいていいのだろうか
例文には、独身貴族であることのプラス面とマイナス面両方を挙げました。次に、会話例を挙げてみます。

独身貴族の会話例

  • 質問者アイコン

    私は生涯、独身貴族を貫こうと考えている。

  • 回答者アイコン

    どうしてですか?
    私は結婚した方が幸せだと思いますけど。

  • 質問者アイコン

    これからの日本経済の状態を考えると、独身貴族の方が安心だと思ったからだよ。

  • 回答者アイコン

    なるほど。人それぞれの意見がありますからね。

会話例のように、独身貴族に関しての良し悪しは人それぞれである。

独身貴族の類義語

独身者を表す言葉には、「シングル男性・女性」や「おひとりさま」といった言葉がありますが、どちらかといえば皮肉に偏った意味合いで用いられることが多くなります。

独身貴族まとめ

自ら意図的に結婚を求めずに、経済的に自立していて、プライベートも充実させているような人のことを、「独身貴族」と呼びます。そういった人は少なからず、結婚することで生まれるデメリット面等も考慮している人が多い傾向にあるようです。これを機に独身貴族という言葉を再確認してみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事