狂言誘拐を企てる男性たち

狂言(きょうげん)

狂言とは、日本の伝統芸能を指す意味と人を騙すために仕組んだことを意味のと二つの意味を持ち合わせている言葉です。状況に応じて意味が分かってきますので、シチュエーションにあわせて使っていきましょう。狂言の意味や由来、それぞれの意味の違いや例文、類義語などを交えて、わかりやすく解説をしています。

[adstext]
[ads]

狂言の意味とは

狂言の意味とは、以下の通りいくつかの意味を持った言葉となっています。
(1)日本の古典芸能の事。
(2)人を騙すために仕組んだこと。
(3)人道や道理に外れた言動や行動。
(4)冗談やされごと、おもしろおかしく物事を言う事。
狂言と聞くと、一般的には(1)と(2)が連想されると思います。ちなみに伝統芸能の狂言は元々猿楽から発展しており、ものまねや道化的な要素を持っており、写実的であったり、戯画的などの人物表現を通じて、人間性の本質の部分や垣間見える弱さに触れる事で笑いをもたらすものです。また(2)の人を騙すために仕組んだの使われ方としては狂言誘拐や狂言強盗なども過去には事件としてありました。

狂言の由来

狂言の由来は元々古典伝統で猿楽から派生した狂言という演劇があり、それが人を騙すために仕組んだことなどの使われ方に派生していったと考えられます。

狂言の文章・例文

例文1.今度、視野を広げる意味で母と狂言の観劇にいくことにした。
例文2.狂言で自分の境遇や不幸を嘆いて、周りの人の興味を引くのはやめたほうがいい。
例文3.著名人の家族が狂言誘拐で逮捕された有名な事件も海外では起きている。
例文4.猿楽から狂言と能は派生して生まれており、それぞれの良さや美点がある。
例文5.狂言強盗も過去には起こっており、大きな社会問題になった事もある。
大きくわけると二つの意味を持つ、狂言についての例文になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

狂言の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば、最近思い出したんだけど、小学校の頃に女の子の靴が盗まれたって大騒ぎになった事件があったんだよ。

  • 回答者アイコン

    そんなことあったかな?私は全然覚えてないよ。

  • 質問者アイコン

    靴を汚して怒られると思った女の子が、盗まれたのなら怒られないと思ってした狂言だったんだけどね。

  • 回答者アイコン

    少し覚えてるかもしれない。確かお母さんがクラスまで来て、みんなの前で謝ったんじゃなかったけ?

小学校の同級生の男の子と女の子の会話で、小学校の時に靴がなくなったと狂言で大騒ぎになった話を回顧している会話文でした。

狂言の類義語

狂言の類義語としては、伝統芸能の方では「猿楽」「能」「歌舞伎」があげられます、また人を騙すために仕組んだ事の意味では「虚偽」「捏造」「自作自演」などがあげられます。

狂言まとめ

狂言は日本の古典伝統芸能ながら、それとは異なる意味を持つ言葉であり、これは日本語の中でも珍しいケースですから、両方の意味をしっかりと覚えておくといいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事