特別法廷が開かれるゆえんとなったハンセン病

特別法廷(とくべつほうてい)

この特別法廷とハンセン病という病が切っても切れない関係にあります。ハンセン病とは長い間奇病として差別対象になっていた病気です。しかし、感染力は低く「最も感染力の低い感染症」とされており、現在では感知できる病気です。
奇病とされていたのは、その皮膚などにあらわれる白または赤褐色の斑紋の症状によって、長い間差別の対象とされてしまった原因でもあります。では、どうしてそんな病気が関わっているのでしょうか。この特別法廷が開かれることにったこととも関係があります。
それでは、この言葉の意味を詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

特別法廷の意味とは

災害などで本来の裁判所などによって開かれず、最高裁の決定によって特別に別の場所などで法廷を設置することを特別法廷と言います。

特別法廷の由来

今回の発端となったのは、池事件という痛ましい事件からでした。国の隔離政策によって、ハンセン病の患者が出廷するという理由で特別法廷が開かれたのです。このとき裁判にかけられた男性は容疑を否認していましたが、死刑判決を受け、執行されました。特別法廷が開かれたという判断は違憲だったとしていますが、ハンセン病の隔離施設に入所していた人たちへの「憲法違反であるのに検察が再審請求しなかったことへの慰謝料請求」は棄却されました。

特別法廷の文章・例文

例文1.大災害などによって法廷が開けない時にこの特別法廷が開かれる。
例文2.ハンセン病に対しての特別法廷は違憲だったという判断は、世界からいうと遅いほうだと思う。
例文3.差別対象の病気であることから特別法廷が開かれたということは、もう二度とあってはならない。
例文4.特別法廷の措置は、憲法違反であるということで謝罪した。
例文5.特別法廷が開かれたのは、つい1948年ごろのことだ。
病気にかかることで差別対象になることは、あってはならないことです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

特別法廷の会話例

  • 質問者アイコン

    菊池事件の特別法廷の件、違憲は認めているのに慰謝料請求は棄却したんだろ?どうなんだろう…

  • 回答者アイコン

    ハンセン病は、その皮膚に疾患がみられることと、進行すると脳へのダメージもあることから差別対象になってしまったものね。

  • 質問者アイコン

    でも、この特別法廷が開かれたのは1948年ごろだろ?こんな風に差別される対象になるような病気ってほかにもあるんじゃないのかな。

  • 回答者アイコン

    そんな風に疑問を持つことがとても良いことだと思うわ。たまには病気と差別について調べてみてもいいかもね。

こうしたニュースをただ「過去にあったこと」ということにしないで、よりよい未来にするために「現在にもそうした差別が残っているかも」と思うことが重要だと思います。

特別法廷の類義語

特別法廷の類義語として、「特別裁判所」があげられます。

特別法廷まとめ

このハンセン病という病気は世界的に見ても、長い間差別的に蔑視されてきた病気といえるでしょう。現在は特効薬もあるので、初期症状で発見することができれば、完治することも可能なのです。
しかし、こうした差別的な思い込みというものは簡単に拭えるものではありません。みなさんも知らず知らずそういった行動をとっているのかもしれません。そうならないように、気を付けることを心掛けましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事