無邪気に水浴びをする

無邪気(むじゃき)

子どもの頃のクリスマスはとても楽しみなイベントの一つでしたよね。クリスマスには、サンタさんが来てプレゼントをくれるので夜はなかなか眠れないという人も多かったのではないでしょうか。
子どものときは、季節のイベントというのはどんなことでも楽しみでしたよね。
他にも誕生日などのお祝いごとなども子どもの頃は無邪気に楽しんでしまいますよね。
子どもや少年の様子などを表す際に時々使われる「無邪気」という言葉ですが、どのような意味があるのでしょうか。具体的な例文や意味などを紹介して生きたと思います。

無邪気の意味とは

無邪気とは、悪気がなく素直で可愛いらしいさまを表す言葉です。なのでよく子どもの可愛らしい様子を表現するのに使われます。大人に対して、無邪気を使うのは少し卑下した様な嘲笑するような言い回しとなります。

無邪気の由来

無邪気は、漢字からわかるように邪気が無いということから悪気のない素直な様子を表す言葉として使われるようになったと考えられます。邪気は昔は災いをもたらす目に見えない気として恐れられていました。

無邪気の文章・例文

例文1.無邪気な子供が元気にいっぱいに遊ぶ姿を見ていると癒される
例文2.彼女の無邪気な笑顔を見ると今日も一日頑張ろうと思える
例文3.冬にもかかわらず、近くの子どもが半袖を着て公園で遊んでいる姿を見て無邪気だなと思った
例文4.大きくなったらサッカー選手になれると無邪気に信じていたが、実際そう簡単にはいかない
例文5.うちの犬は無邪気で人懐っこい性格なのでどんな人とでもすぐに仲良くなる
無邪気な子どもを見ていると元気をもらえますよね。無邪気という言葉は主にこどもの可愛らしい様子を表すために使われます。なので大人の元気や様子やまた、素直な様子を表す際にはほとんど言っていいほどに使われることがありません。ただ、女性の可愛らしい笑顔などを表現する際には使われることもあります。無邪気という言葉の使う相手はを間違えないようにしましょう。

無邪気の関連語

無邪気の関連語としては「天真爛漫」「かまちょ」などがあげられます。

無邪気まとめ

子どもの頃は無邪気に楽しめたことでも大人になると楽しめないことは多いと思います。
だからこそ日々新しいこと挑戦したり、新しいものに触れて色々な経験をすることが大切だと思っています。
人生は一度きりなのでその時を大切に充実した時間を過ごせるといいですね。
そして大人になって振り返ったとき、悔いのないような幸せな人生だったと思えたらいいですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事