無心(むしん)

「無心」とは、意思や感情などの働きがないことです。よく集中する時などに「無心になる」などという表現を使われるので、身近に耳にしたことがある方も多くいるのではないでしょうか。今回はそんな「無心」という言葉について、解説していきます。

[adstext]
[ads]

無心の意味とは

「無心」の意味は以下の通りです。
無邪気であるさま
・意思や感情などの働きがないこと
・心の動きが休止していること
・心が浅はかであること
・一切の猛念を離れた心

無心の由来

「無心」という言葉は、「心配りがないこと」というのが元の意味となっており、それが転じて「思慮に欠けること」として使われるようになったとされています。この言葉は、室町時代から使われており、仏教用語としても用いられます。

無心の文章・例文

例文1.幼い子供たちは、無心で走り回っている。
例文2.無心になって勉強に取り組む。
例文3.無心で仕事を続けていれば、いつか慣れる時が来るだろう。
例文4.休みの日は無心で読書をする。
例文5.瞑想をすることで無心の心になる。
「無心」を使った例文になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

無心の会話例

  • 質問者アイコン

    ずっと同じ作業を繰り返しているとだんだん疲れてくるね。

  • 回答者アイコン

    そんな時こそ無心になってみることだよ。

  • 質問者アイコン

    無心になるとは言っても、いつか気持ちが途切れちゃいそうだよ。

  • 回答者アイコン

    それが案外無心になることでゾーンに入るように長時間集中できるんだよ。

単純作業の仕事をしている従業員同士の会話です。集中したいときなどに「無心」という言葉は使われます。

無心の類義語

「無心」の類義語は、「一心」「没我」などです。

無心まとめ

「無心」とは、無邪気であったり、心の働きを止めている時などで用いられる言葉でした。何か集中する時や、本番前などといった時には「無心」になることで集中力を高めると良いでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事