温室効果ガスの影響で環境問題は年々深刻化している

温室効果ガス(greenhouse gas)

温室効果ガスとは、その名の通り「温室効果をもつガス」であり、地球上の温度を上げてしまいます。主な期待として二酸化炭素、フロンガス、メタンガス、一酸化二窒素があげられ、私たちの日々の生活においても発生させているものが多くあります。そこで、最近ニュースでも騒がれている「温室効果ガス」について詳しく解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

温室効果ガスの意味とは

温室効果ガスとは、地球温暖化現象に於いて最も影響を及ぼしているガスの総称となります。英語表記では「Greenhouse gas」となり、略称で「GHG」と呼ばれる事もあります。

温室効果ガスの由来

温室効果ガスと呼ばれ始めた由来は残念ながら分かりません。しかし、温室効果ガスの影響の歴史は古く18世紀のヨーロッパ産業革命時代に化石燃料などを大量に使い、自動車の開発や電気の普及に伴って、大きな影響を与えたとされています。日本でも、高度経済成長期の時には大きな発展をとげると共に大きな代償を払っています。

温室効果ガスの文章・例文

例文1.温室効果ガスって、地球温暖化現象に直結しているみたいだよ。
例文2.この前、菅総理が2050年までに温室効果ガスゼロって言ってけど、できるのかな?
例文3.温室効果ガスをできるだけ出さないようにしないといけないね。
例文4.温室効果ガスを一番出しているのは、中国とアメリカがかなり多いみたいだよ。
例文5.電気自動車が注目され始めたのも、温室効果ガス対策みたいだね。
温室効果ガスと言っても、車だけでなく、私たちが生活する中でも自然と関係してきます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

温室効果ガスの会話例

  • 質問者アイコン

    私の母が温室効果ガス出さないようにしないと!と言いながら、コンセント抜いたりしていたけど、意味ないと思うんだよね。

  • 回答者アイコン

    そんなことないよ!節電も立派な温室効果ガスを抑える効果があって、発電するにも化石燃料を燃やして発電するから、電力を各家庭が抑えることも大切だよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだね。でも、電気自動車を主流にしたいってことは、結局電気使うよね。

  • 回答者アイコン

    そう!だから、温室効果ガスが出ない発電方法が今注目されてきているみたいだよ。

温室効果ガスを減らすも増やすも、私たちの生活姿勢が大きく関わってくることが分かりますね。

温室効果ガスの類義語

温室効果ガスの類義語として、英語で「Greenhouse gas」や「温室効果気体」が上げられます。

温室効果ガスまとめ

温室効果ガスを排出しないようにしないといけないと分かっていても、目に見えるものではないので、中々実感がわかないのではないでしょうか。しかし、私たちが生活していく以上は地球温暖化を防ぐ必要もあるので、まずは温室効果ガスがどのように発生するのかを私達一人ひとりが意識して学んでいかないといけないですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事