消費期限(しょうひきげん)

消費期限とは、この年月日までは安全に食べられるということを表します。日常生活で賞味期限・消費期限という二つの言葉を良く聞きますが、この二つの言葉の意味を理解している人が意外と少ないです。特に後者の消費期限に関しては、なんとなく過ぎたらヤバそうだという印象にとどまっている方が多いです。そこで今回は消費期限という言葉について解説いたします。

[adstext]
[ads]

消費期限の意味とは

消費期限とは、商品の袋や容器を開けずにパッケージに記載されている保存方法を守って保存していた場合に、この年月日まで安全に食べられる期限を意味します。よく賞味期限と意味を混同してしまう方がいますが、それぞれの意味を簡単にまとめると以下のようになります。
・消費期限:その年月日までは安全に食べられる
・賞味期限:その年月日までは美味しく食べられる
賞味期限はあくまでも美味しく食べられる期限ですので、それを過ぎたからと言って商品が腐敗したり、摂取して体に害を及ぼすようなことはほとんどありません。

消費期限の由来

消費期限はその商品を「消費」出来る「期限」という意味からきています。「賞味」の場合は、「美味しく味わうことが出来る期限」となります。

消費期限の文章・例文

例文1.消費期限が切れているものは廃棄しよう。
例文2.消費期限は安全に食べられる期限のことだ。
例文3.消費期限は大丈夫だが、直射日光の当たる場所に保管していたから不安だ。
例文4.彼は消費期限切れの食べ物を食べて腹痛をおこした。
例文5.消費期限とはまさに消費できる期限のことだ。
消費期限は賞味期限と間違われがちですが、身近な食品に関わる言葉ですのでしっかり理解しておく必要があります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

消費期限の会話例

  • 質問者アイコン

    その大福の賞味期限っていつ?

  • 回答者アイコン

    先月で切れてるよ。

  • 質問者アイコン

    まあ涼しい場所に置いてたから大丈夫でしょ!

  • 回答者アイコン

    いやいや、賞味期限じゃないんだから。

大福の消費期限についての男女の会話です。女性は消費期限の意味をキチンと理解できているようです。

消費期限の類義語

消費期限の類義語には「賞味期限」があります。

消費期限まとめ

消費期限とは、この年月日までは安全に食べられるということを表します。賞味期限とよく混同されますが、消費期限は安全の保証、賞味期限は味の保証を謳っているものです。少し見落としがちですが、それらの期限には「保存方法」も大きな影響を与えますので、食品の管理はパッケージに記載の内容を守るようにしてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事