泥中の蓮の様に気高く生きていく

泥中の蓮(でいちゅうのはす)

泥中の蓮とは、汚れた中にも清らさを保っていることのたとえです。人は少なからず、自分の周りの環境や考え方に影響されるものです。周囲の考え方や言動が過激なものだったり、マナーのない行動だったりすれば、自ずと自分の行動も過激になっていきがちです。子供であれば、尚更影響を受けやすいと思います。そんな中、周りに影響されず、清らかさを保てる様子を表す言葉が泥中の蓮です。今回は、泥中の蓮について意味、由来などを説明していきます。

[adstext]
[ads]

泥中の蓮の意味とは

泥中の蓮の意味は、汚れた中にも清らさを保っていることのたとえです。周囲の環境が悪いにも関わらず、清らかさを保っているものであれば、環境でも人間でも使えるので覚えておくといいと思います。

泥中の蓮の由来

泥中の蓮の「泥中」は、汚れた環境のことを表しており、仏教では花を蓮華といい、「蓮」は極楽浄土を象徴する花で清いことを表しています。これらから泥中の蓮は汚れた中でも清らかさを保っている様子を表す言葉としては使われるようになったと考えられています。

泥中の蓮の文章・例文

例文1.周りの人は、人を蹴落として上へ這い上がろうとしている中、彼は人と協力したり、助けたりして這い上がろうとしている。まさに泥中の蓮である。
例文2.この汚染された環境の中で綺麗に咲く一輪の花は、泥中の蓮と言えよう。。
例文3.清い心の持ち主である彼女は、どんなに酷いことを言われたり、悪さをされたりしても決して変わらぬ優しさで接することが出来る泥中の蓮である。
例文4.大多数から差別を受ける中、正しいと思うことに対して意見を変えない彼は、泥中の蓮である。
例文5.泥中の蓮である彼の行動が次第に周りの考え方を改めさせるトリガーとなった。
これらから泥中の蓮という言葉は、周りの環境が悪くても清らかさを保っている様子を表すのには使うことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

泥中の蓮の会話例

  • 質問者アイコン

    ここの人たちは、人を思うことや優しさ、気遣いなどをまるでしないじゃないか。

  • 回答者アイコン

    そうだね。だからこそ君みたいな思いやりのある人はまさに泥中の蓮だよ。

  • 質問者アイコン

    自分が得をするからといって人のことをないがしろにすることは許せないからね。

  • 回答者アイコン

    うん。人を陥れてまで自分の利益を優先するような人に僕もなりたくはないよ。

これは、周りの考え方について話し合っている様子です。

泥中の蓮の類義語

泥中の蓮の類義語には、「涅すれども緇まず」「紅一点」「鶏軍の一鶴」などがあります。

泥中の蓮まとめ

ある国ではいいとされている行動でも、他の国では、悪い行いとして捉えられてしまうこともあります。また、時代によって、物事に対しての考え方が変わることもあります。どんな行いが一概に悪いとは、言えませんが他人を悲しませるような行いはしないことに限ります。泥中でも変わらぬ清らかで良い行いができるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事