油断大敵で臨まないとけがをする

油断大敵(ゆだんたいてき)

誰でも慣れていることをするときや毎日していることを行うときには、初めて行うときよりも注意力が散漫になってしまうと思います。慣れとは怖いもので、集中していなくても物事をこなせるようになると油断することが原因で失敗に繋がってしまうことがあるでしょう。そんな油断していると失敗してしまうことから戒めとして使われる四字熟語として油断大敵という言葉があります。今回はそんな油断大敵について使い方や由来など解説していきます。

[adstext]
[ads]

油断大敵の意味とは

油断大敵の意味は、油断は失敗の原因になり、大敵であるということを意味する言葉です。油断して失敗することの戒めとして使われることが多いです。

油断大敵の由来

油断大敵の由来は、一説によるとは原始仏教の経典「北本涅槃経」(ほくほんねはんぎょう)にあるといわれています。
王が家臣に油がいっぱいに入った鉢を運ばせ、油が溢れたとき処刑すると告げたことから「注意を怠ると命取りになる」の意味になったそうです。

油断大敵の文章・例文

例文1.慣れているからと言って包丁を扱うときに注意を怠り怪我をしてしまった。まさに油断大敵である
例文2.交通事故に遭わないためにも安全確認をすることが大事である。油断大敵である
例文3.注意力が散漫していて油断大敵という呼び方にもかかわらず、彼は失敗してしまった
例文4.火器を扱う時は、油断大敵という言葉を心がけて挑むようにしている
例文5.油断大敵とは、よく言ったもので慣れていれば運転も失敗することはほとんどないからである
油断大敵は、注意力が散漫になっている様子を表すときに使える言葉です。是非覚えておきましょう。

油断大敵の会話例

  • 質問者アイコン

    明日海に行くんだよね。海水浴を楽しんでくるよ。何を持って行こうかな

  • 回答者アイコン

    日焼け止めとか忘れずに持っていくといいよ。あと、高波には十分に気をつけてね

  • 質問者アイコン

    大丈夫だよ!いつも行ってるところだし、慣れているからさ

  • 回答者アイコン

    油断大敵だよ!でも思いっきり楽しんできて

油断大敵とは、多くの場面で使うことができる言葉なのです。

油断大敵の関連語

油断大敵の関連語としては「余裕綽々」「油断禁物」などがあげられます。

油断大敵まとめ

誰でも失敗はより成功したいと思うものです。でも失敗から学べることも人間には多くあります。ですが、由来からもわかるように油断大敵は、失敗してしまうと危険な状態に陥る場合などに使われることが多いです。時に、失敗できないときもあると思います。そんなときは、油断大敵をモットーに失敗しないよう全力を尽くせるといいですね

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事