水着マスクをして感染予防をする

水着マスク(みずぎますく)

「水着マスク」をご存知でしょうか?コロナウイルスの影響でマスク不足を解消するためにこの「水着マスク」は生まれました。今回は「水着マスク」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

水着マスクの意味とは

「水着マスク」とは、通常水着に使われている素材で作られたマスクのことを指します。
少しでも感染リスクを軽減する為に苦肉の策で使われています。

水着マスクの由来

「水着マスク」が生まれたきっかけは、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の影響でマスクの生産が消費者の需要に追い付かず、深刻なマスク不足が起きたことです。このことを受け経済産業省は、普段は水着やスポーツウェアなどを製造している企業にマスクを製造するように依頼をしました。
そこから何社もの企業が水着マスクを製造し始め、市場に出回るようになりました。水着マスクのメリットは何と言っても「繰り返し使える」ことです。洗濯をすることで繰り返し使えるのでゴミも出ません。また、水着の素材で作られているため、他の素材のマスクよりも比較的長く使うことが出来ると言われています。

水着マスクの文章・例文

例文1.水着マスクはいろいろな模様や色付きのものがある。
例文2.通販で水着マスクを買った。
例文3.水着マスクが手に入ったので、しばらくは新しくマスクを買う必要がない。
例文4.水着マスクは通気性がよく、水にも強い。
例文5.水着マスクは福島県の水着を製造している会社によって生まれた。
この水着マスクも普通のマスク同様人気商品で常に売り切れているようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

水着マスクの会話例

  • 質問者アイコン

    そのマスク、普通のマスクと違うね。

  • 回答者アイコン

    そう!これ水着マスクなの。繰り返し使えるし、デザインもかわいいんだ。

  • 質問者アイコン

    へえ、水着素材がマスクになっているんだ。洗えるのはとても便利だよね。

  • 回答者アイコン

    うん。3つ持ってるんだけど洗いまわして使えるから環境にもお財布にもエコなんだ。

通常のマスクに比べ、メリットが多いようです。

水着マスクの類義語

「水着マスク」と関連する言葉には「布マスク」「ガーゼマスク」などがあります。

水着マスクまとめ

今回は「水着マスク」について詳しくご紹介していきました。
深刻なマスク不足を受けて、水着マスクの他にも色々な企業がマスクを一時的に製造し販売しています。こうした企業のおかげで、今もわたしたちの手元にはマスクがあるのかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事