気宇壮大(きうそうだい)

気宇壮大とは、心意気がよく気前がいいことです。心が広い人はちょっとしたことは気にせず、他人の言行を受け入れることができます。そんな人は、自分が嫌だと思うことをされても許す心の広さや余裕があります。そんな人を表す言葉として気宇壮大という四字熟語があります。今回は、そんな気宇壮大という四字熟語についてみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

気宇壮大の意味とは

気宇壮大の意味は、心意気がよく気前がいいことです。特に度量が人並み外れていて大きい場合に用いられる言葉です。また、構想などが果てしなく大きいさまを表すこともあるので、合わせて覚えておくといいと思います。

気宇壮大の由来

気宇壮大の「気宇」は気構えのことを表しており、「壮大」はさかんで立派なさまを表しています。これら言葉を組み合わせて気宇壮大という四字熟語が成り立っています。

気宇壮大の文章・例文

例文1.彼は、気宇壮大で多少の批判を受けても気にせずに努力した結果、成功することができた。
例文2.気宇壮大な話ばかりしていて、現状の問題を何一つ解決できなければ意味がない。
例文3.気宇壮大であるからこそ、多くの人を導くリーダーとして選ばれたのだろう。
例文4.商人の中でも気宇壮大として知られる彼は、快く取り引きに応じてくれた。
例文5.彼は、実力もないくせに気宇壮大な目標を掲げているから鼻で笑われても仕方がない。
これらから気宇壮大という言葉は、心意気がよく度量が大きい様子を表すのにはとても便利な言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

気宇壮大の会話例

  • 質問者アイコン

    このプロジェクトを成功させるためには他にどんな取り組みをするべきかな。ただし、気宇壮大な提案はなしにしておくれ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。プロモーションにもっと力を入れて自社製品が他社のものと比べてどの点が優れているのかアピールする必要があるんじゃないかな。

  • 質問者アイコン

    それは一理あるね。優れている製品であることを前面に押し出していけば、売り上げも上がるだろうね。

  • 回答者アイコン

    うん。プロモーションの方法について考えがあるから任せてほしいよ。

これは、プロジェクトを成功させるために話している様子です。

気宇壮大の類義語

気宇壮大の類義語には、「気炎万丈」「天空海闊」「気宇雄豪」などがあります。

気宇壮大まとめ

気宇壮大という四字熟語は、人の心が広く、度量が大きい性格を表すだけではなく、物事において壮大な様子を表すこともある言葉です。そのため、あまりに現実味がない話をすると気宇壮大と言われてしまうことがあります。そういったニュアンスも持ち合わせているということを覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事