民事

民事と言うと法律用語の中のひとつとなり、その民事関連の諸問題を扱う法律に民法があります。民法というのは具体的に民間人の争いごとを解決するための手法として考案されたもので、基本的に刑法が発動されることは稀になります。つまり、民間人同士の争いを調停する目的で、裁判所で使用されたりします。

民事の意味とは

民事というのは、刑事という言葉の対義語となり、刑法で言う犯罪に対し、民間で起こりうるあらゆる争いごとの総称で、民事と言います。民事で扱うのは、夫婦の離婚問題や、資金争いに依る親戚同士のいざこざなどがメインで、警察沙汰にはならない仕組みのものを対象にしています。

民事の由来

民事の由来としては、民事に介入してくる暴力事件を、刑法で扱うのではなく、いわばよくあることとして、民法で対応しようとしてできた種類の法律です。たとえば、刑法に触れる殺人や窃盗という意味ではなく、民間の所作事に対する法律処置としてのものをまとめたものが、民法と呼ばれ、その民間で起こるさまざまなケースに対して、その基本要項がまとめられているものを民事の中での民法の扱いとしています。

民事の文章・例文

例文1.民事事件て対処できるのであれば、民法を参照しよう
例文2.極悪な種類ではないので、このくらいの喧嘩であれば民事・民法の適用だ
例文3.親戚の争いは、結局カネ目当てが多い為、民事の件では事前に民法を学ぶ
例文4.民事・民法を勉強すれば、法律家としての力量を増す
例文5.民事の法律は細かいが、裁判ではそれを参照にして、裁かれる

民事の類義語

民事の類義語として、民法に触れる問題を民間事件という言い方もできます。これは、民法を適用する裁判沙汰の前に、民間で起きた事件なら民間で解決するのが筋だろうという意味になります。

民事まとめ

民事というのは、口約束が違うという点で起こったり、いわゆる民間でのいざこざの種類になります。法律で争うのは、その金額の賠償問題であったりしますが、民法が参照されます。

この記事を読んでいる人に人気の記事