毀損した窓

毀損(きそん)

「毀損」を読めなかったり、意味が分からなくても安心して下さい。この言葉は漢字検定2級相当なので、かなり難しい部類です。特に”毀”は大半が書く事は不可能でしょう。意味は実は簡単で、物を壊したり、他人の評判など体裁を損なう事です。ここまでの解説で、”名誉毀損罪”の”毀損”だと思い浮かんだのではないでしょうか? では、「毀損」の解説を始めさせて頂きます。

毀損の意味とは

「毀損」の意味は以下の通りとなります。
(1)物を壊す、壊れる事。
(2)利益、体裁など体面を損なう事。
(3)別表記「棄損」としても問題なし。
「毀損」は大きく分けると二つの意味で、一つは形ある物そのものを壊す事や壊れる事。それと、利益や名誉など体裁(体面)を損なう事になります。前者は”器物損壊罪”で、後者は有名な”名誉棄損罪”にあたります。関連として、侮辱罪や信用毀損罪などもあります。法律で用いられるように、堅苦しい表現法であるのは事実なので、日常的には使われる言葉ではないです。”壊れた”で通じるのに、敢えて”毀損”と使う理由がないからです。しかし、世の中の常識として、社会では「毀損」を使う方が望ましく、特に名誉が他人などによって傷つけられた場合は必ずセットで用いられます。ネット上の掲示板で、芸能人や著名人を批判するのも、広い意味では名誉毀損罪に該当する行為です。

毀損の由来

「毀損」は中国から伝わったとされますが、日本とは微妙に解釈が違います。中国語での「毀損」は、器物や建築物などを破損、傷付ける行為であるのに対し、日本では先ほど解説したように体裁など名誉に対しても含まれています。文献としては、明治4年に発売された新聞雑誌には、「一時に毀損、或は沈没せり」と記されていました。

毀損の文章・例文

例文1.酔っぱらった男が、駅前のモニュメントを毀損させ、大問題となった。
例文2.学生時代のノリで、悪口を言い合う大人がいるが、あれも下手したら名誉毀損になる可能性が高い。
例文3.名誉毀損とは、相手の社会的な信用度を低下させた場合には訴えられる。
例文4.スコミや週刊誌が芸能人に対し、面白おかしく噂を書き立てるのが、代表的な名誉毀損だ。
例文5.中古車を購入したら、シャフト部が故障していた。それは、設計段階で毀損する恐れがあり、リコール対象だった。
「毀損」を使った、名誉毀損と破壊や壊す意味での例文となっています。

毀損の会話例

  • 質問者アイコン

    毀損の意味を理解したけど、やはり難しい感じがするなー!

  • 回答者アイコン

    どの辺が難しく感じる?

  • 質問者アイコン

    名誉毀損は分かるけど、物を壊す毀損がどうもしっくりこないというか、使い方が分からないよ。

  • 回答者アイコン

    確かにね。家のテレビが壊れたのを毀損とは言わないからね! でも、侵入者によって壊された場合はどうかな? 不法侵入者によって自宅テレビを毀損されたので訴える。少ししっくりこない? この様に法的な意味合い、公共的な物を壊した場合は、毀損が相応しいよ。

物を壊す「毀損」について解説する、男女の会話内容です。

毀損の類義語

「毀損」の類義語には、「破壊」「中傷」などの言葉が挙げられます。

毀損まとめ

「毀損」とは、物が壊れたり壊す事で、さらに名誉や利益などを損なう意味も込められています。一般的には法律用語として、名誉棄損罪に使われる言葉として認識され、他の使い道が難しい面もあります。しかし、社会生活を送る上での常識として畏まった表現ではありますが、「毀損」を好んで使う場面は多岐に渡ると理解しましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事