殿堂入りを果たす

殿堂入り(でんどういり)

テレビや雑誌で「殿堂入り」という言葉を目にしたことはないでしょうか?芸能人が〇〇殿堂入りなど使われることが多く、言葉自体は聞いたことがあるという方も少なくはないと思います。しかし、この殿堂入りという言葉がどういう意味を持った言葉なのかを正確に知らない人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、この「殿堂入り」について言葉の意味を解説していきます。

殿堂入りの意味とは

そもそも殿堂入りの「殿堂」とは大きくて立派な建物を意味しており、そこに入って名前を残す人という意味での例えになります。つまり、ある分野において業績を残し、その栄誉を讃え世間に広く知ってもらい表彰することを表した言葉になります。また、人気投票などの名前があがるような機会において、何度も1位になるような人にも使われる言葉です。

殿堂入りの由来

言葉自体がいつから使われているのかは定かではありませんが、どういったところから来ている言葉なのかに関しては、上述している通りです。

殿堂入りの文章・例文

例文1.ベストジーニスト賞で殿堂入りしたらしい
例文2.あの監督は何度も優勝に導いている名監督で殿堂入りしている
例文3.将棋の世界で殿堂入りを目指す
例文4.殿堂入りしているような人に憧れる
例文5.殿堂入りを目指すには何をすればいいのだろうか
特定のジャンルに縛られる言葉ではないため、スポーツや趣味、ファッション幅広く耳にすることがあるのではないでしょうか。

殿堂入りの会話例

  • 質問者アイコン

    今回のベストジーニスト賞で、またあの芸能人が賞をとっていたね。

  • 回答者アイコン

    ジーンズが似合うから納得ですね。
    今回で殿堂入りしたとも言ってましたからね。

  • 質問者アイコン

    そういえば、そんなことも言ってたね!

  • 回答者アイコン

    連続で賞をとってるから、殿堂入りも納得ですね。

聞くことも多いですが、普段の会話例としても使いやすい単語ですね。

殿堂入りの類義語

殿堂入りという言葉の類語そのものというよりは、〇〇殿堂入りといったような、様々なジャンルにくっつけて殿堂入りという言葉が使われるものになります。

殿堂入りまとめ

殿堂入りは誰もが知るような功績に対して与えられる栄光なので、個人で取得するのは難しいですが、それを目指せるぐらい何かに熱中できると素晴らしいですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事