お歳暮をもらった

歳暮(せいぼ・さいぼ)

日本ではお世話になってる方にお歳暮を贈るなど聞いたことはあると思いますが、今の若い年代の方は、いまいち「歳暮」の意味を理解していない方は多いのではないでしょうか?今回は「歳暮」について意味や由来について解説をしていきます。

歳暮の意味とは

「歳暮」は1年の終わり(12月)の季語でもあって、人生のうち老年期をを意味しています。日本ではお世話になった方に向けて、感謝し歳暮回りが行われています。この際の贈答品がお歳暮と呼ばれており、以前は直接ご自宅に伺って贈り物をお渡しする形でしたが、最近では老舗百貨店などで直接郵送してしまうのが主流となっています。

歳暮の由来

歳暮の由来は年末までに、ご先祖様を迎えるために行われる御魂祭りの御供え物を、暮れのうち本家に届けるというものが、いつのまにかお世話になった方へ感謝の気持ちを込めて贈答品を贈るという習慣へと変化していったのが由来と言われております。また「歳暮」の起源は中国にそのような行事があったことからです。1月・7月・10月の15日に天の神をお祭りする日として祝福していました。そして中国から言葉や文化が入ってる過程で、日本の「お盆」と混じって、日本に定着していったのが今回取り上げている「歳暮」という文化になっていきました。

歳暮の文章・例文

例文1.日本では年の暮れに、大切な方に対してお歳暮を贈る習慣があります。
例文2.お歳暮では加工品や酒類などを贈る人が多いです。
例文3.お歳暮の3000円〜5000円くらいの価格が一般的です。
例文4.親戚の家から今年もお歳暮を頂きました。
例文5.お歳暮の歴史はかなり古くから存在しています。
上記は「歳暮」についての例文です。

歳暮の会話例

  • 質問者アイコン

    昨年○○さんにお歳暮を頂いたから、贈らないといけないね。

  • 回答者アイコン

    そうですね。今年も○○さんから頂いてますよ

  • 質問者アイコン

    お歳暮は何を贈っていいか悩みますね。

  • 回答者アイコン

    確かにそうですよね。ただ、一般的には加工品や酒類を贈るみたいですよ。

上記は「歳暮」についての会話文です。家族の会話の中でも1度は聞いた事があるかもしれませんね。。

歳暮の類義語

「歳暮」の類義語は「年末」「歳末」「年の暮れ」「年の瀬」などが挙げられます。

歳暮まとめ

「歳暮」について例文や意味などを取り上げてまいりましたが、ご理解頂けたでしょうか?海外ではこのような文化はないようですが、似たようなことを「クリスマス」にやるようで、互いにプレゼントを贈り合うそうです。お歳暮は日本の独特の文化ですので、今後も大切な日本の文化を守っていけたらいいですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事