武闘派(ぶとうは)

みなさん、武闘派と聞いて真っ先にどういった事を想像しますか?
名前から想像して屈強な男性を想像するのではないでしょうか。
武闘派とは、名前の通り「屈強であり・暴力・武力を用いて自分の主張を貫こうと考えた人を指します。
今回は、この「武闘派」について、どういった意味や使い方があるのか説明していきたいと思います。

武闘派の意味とは

武闘派とは、武力を用いて自分の主張を貫きながら相手と戦う人のことをいいます。
話し合いよりも戦いで問題を解決し、何かの目的の為なら武力をもって行うことを辞さない一派。

武闘派の由来

武闘の一派からきていると言われています。

武闘派の文章・例文

例文1.伝説の武闘派が亡くなった
例文2.この前の武闘派が強すぎた
例文3.武闘派の男気が移った
例文4.武闘派は敵にまわすな
例文5.最強の武闘派が逮捕された
武闘派は普通の人よりも、屈強です。

武闘派の会話例

  • 質問者アイコン

    武闘派の人って結構身近にいるもんなんだねえ

  • 回答者アイコン

    何かあったの?

  • 質問者アイコン

    この前、渋谷歩いてたら相手の意見はまったく聞こうとしないで、武力を用いて自分の主張だけを貫いていた人がいたんだよ

  • 回答者アイコン

    まさしく武闘派だね。

武闘派の人は、自分の主張だけを貫こうとする人というイメージがついてしまっていますね。

武闘派の類義語

武闘派の類義語としては、「強硬派」「タカ派」「武闘派」「右派」「硬派」「極右」」「右翼」などがあります。
意味としては、武力を背景に政治を行おうと考える人々のことです。

武闘派まとめ

武闘派とは、武力や腕力を持ち相手とあらそい戦うこと。
怖く近づきにくいイメージがありますが、決してそういう人だけではないと思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事