機が熟す(きがじゅくす)

「機が熟す」とは、物事を行う際に、ちょうど良い絶好の時機になることです。何かの計画を行う時や株の売買など、機が熟すまで待つということもあると思います。そんな、何かを行うの絶好な時を表す「機が熟す」という言葉について、解説していきます。

[adstext]
[ads]

機が熟すの意味とは

機が熟すとは、物事を行うのに、タイミングとして絶好の時機になることを表す言葉です。例えば、何かを行う時に、今はまだ手を出すべきではないが、機が熟す時を待つなんて時に用いられることもあると思います。タイミングがとても重要になってくる株の売買や、これから伸びしろのある人をじっくり育てる場面などでよく使われている言葉です。「機が熟する」や、「気が熟す」とも書きます。

機が熟すの由来

機が熟すの由来について説明します。「機」は「機会」を表しており、「熟す」とは、果物などでよく使われる表現ではまだ若くて硬かったり酸っぱかったりしていたものが食べごろになるということです。ここでは、食べごろという意味の熟すは、何かを行うのに良いタイミングという表現になります。つまり、良い機会が訪れる、チャンスが到来するという意味になります。

機が熟すの文章・例文

例文1.資金も整い、機が熟したのでいよいよ開業する。
例文2.株を早く売りたいところだが、ここは機が熟すまで辛抱する。
例文3.売った株の価格が急上昇し、もう少し機が熟すのを待っていたらと後悔する。
例文4.この若手選手は将来有望だから、今は不調でも機が熟すまで我慢して起用し続ける。
例文5.機が熟す時を信じて、頑張って努力を続ける。
機が熟すを用いた例文になります。何かのチャンスが訪れるのを待つ時などに用いられますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

機が熟すの会話例

  • 質問者アイコン

    新しいプロジェクト、もう案も出ているのにまだ始めないのですか?

  • 回答者アイコン

    競合他社の動きを見たいから、焦らずにもう少しタイミングを待った方が良いと思うよ。

  • 質問者アイコン

    わかりました。もう少し待ってみます。

  • 回答者アイコン

    何事も焦らずに、機が熟すタイミングで行うことでビジネスはうまくいくものだよ。

会社のプロジェクトについての会話をする上司と部下です。新しいプロジェクトは競合他社との駆け引きもあるようです。

機が熟すの類義語

機が熟すの類義語には、「満を持する」や「良い頃合いになる」などがあげられます。

機が熟すまとめ

機が熟すとは、何かを行う際に、ちょうど良い時機、タイミングになるということです。何を行うにしてもタイミングは重要で、早くした方が良い事もあれば、機が熟すのを待った方が良いものもあります。タイミングをしっかり見て、機が熟す時を待つのも大切ということですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事