楽天経済圏(らくてんけいざいけん)

「楽天経済圏」とは「ネット企業の楽天がお客に様々なサービスを提供し、買物から支払いを楽天グループで完結させる仕組みやサイクル」です。これだけネットが普及するといくら便利なサービスといっても使い道はすっかりルーティン化され、お気に入りのサイトしか普段は利用しない人ばかりです。ですから、そんなネット利用者の行動パターンから企業としては自らの経済圏に是が非でも入って欲しいのでしょう。

[adstext]
[ads]

楽天経済圏の意味とは

「楽天経済圏」の意味は以下の通りとなります。
(1)日本最大級のオンラインショッピングモール「楽天市場」に始まり、楽天銀行・楽天証券・楽天クレジット・楽天トラベル・楽天モバイル等々を運営する「楽天(株式会社)」による生活に便利な様々なサービスをお客に提供しポイント還元などで取り囲み、ライバル他社を利用させない仕組み。
(2)日常的な買物から支払いまで生活上に必要な全てを楽天グループで完結させるシステムで、楽天のあらゆるサービスを利用すれば事が足りてしまう生活サイクルの経済行動。
かつては「ネット経済圏」や「デジタル経済圏」という言葉が使われていたのですが、最近はドコモ・Yahoo!・Amazonなどのネット企業が独自で行う集客方法の仕組みやポイント還元を「ドコモ経済圏」や「Amazon経済圏」と呼び、その中でも俄然注目を集めるのが「楽天経済圏」です。「楽天経済圏」の強みとして、他社よりも圧倒的にサービスが豊富でポイント還元率も高い特徴があります。日常生活で必要なサービスを全て網羅していると言っても過言ではなく、楽天市場・楽天カード・楽天証券・楽天モバイル・楽天トラベル・楽天ブック・ラクマ・楽天全国スーパーとこれらは「楽天グループ」の一部で、ネットショッピングからスーパーでの買い物に株式投資やインターネット回線やスマホに不用品売買など何でも対応しています。これらを利用して支払いは現金だけでなく、楽天カードや楽天銀行で金額に応じて「楽天ポイント」が還元されるので、他のネット企業や経済圏にリアル店舗を使う事が少なくなるのです。うがった見方なら、こうして「楽天経済圏」に取り囲まれたとも揶揄されますが、実際のところはポイント還元でかなりお得になるのも事実です。その一方では、個人情報が関連グループまで筒抜けや楽天ポイントの有効期限が短いなどを気にする人もいますので、ドコモやYahoo!など他社とも比較をして気に入った「ネット経済圏」を使うのが良いでしょう。

楽天経済圏の由来

「楽天経済圏」は2006年11月16日の「楽天」の決算説明会の席で、社長の三木谷浩史氏が将来のキーワードとして用いたのが始まりです。その後は他のネット企業も「〇〇経済圏」という形で使われるようになりました。

楽天経済圏の文章・例文

例文1.楽天モバイルを契約してから楽天経済圏にどっぷり嵌まってしまい、もうこの沼から脱出できないと自覚している。
例文2.我が家は家族全員で楽天経済圏を使っているので、年間では総額10万ポイントぐらいお得になっていると思う。
例文3.期間限定ポイントが少なくし通常ポイントを増やせば楽天経済圏は最強になるが、それは難しいのだろう。
例文4.イニエスタも楽天経済圏で日常生活を送っていると思うと胸が激熱だ。
例文5.いずれは病院なども楽天経済圏に入り、支払い時にポイント払いが出来ると期待している。
「楽天経済圏」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

楽天経済圏の会話例

  • 質問者アイコン

    明日買物付き合ってくれない?

  • 回答者アイコン

    いいけど、何を買うの?

  • 質問者アイコン

    テレビを買おうと思うんだよ。楽天ポイントが貯まっているから、一気に大解放するよ。

  • 回答者アイコン

    さすが楽天経済圏マンね。じゃあ明日は帰りに何かご馳走をしてよ。

楽天ポイントでテレビ購入をしようとする男女の会話です。

楽天経済圏の類義語

「楽天経済圏」の類義語には、「ドコモ経済圏」「Amazon経済圏」「ネット経済圏」などの言葉が挙げられます。

楽天経済圏まとめ

「楽天経済圏」は楽天がネットショッピングやスマホに銀行やクレジットカードなど様々なサービスをお客に提供し、日常生活における商品購入やサービス利用での支払いまでを楽天グループの中で完結させる仕組みやサイクルです。お客としては楽天グループを利用毎にポイントを獲得し、ポイント消費で再び楽天グループを訪れるので、経済活動は完全に楽天だけとなり取り囲まれてしまいます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事