業務提携する人たち

業務提携(ぎょうむていけい、Business partnership)

「業務提携」は経済用語の代表的な言葉で、新聞の経済面などで時折大きな見出しとして飛び込んできますよね。日本を代表する大企業同士が「業務提携」となると、そのインパクトは絶大なものです。しかし、「業務提携」はあまりにも馴染んでいる言葉だけに、敢えて詳しく調べる事などはないものです。では、今回はそんな「業務提携」について、調査をしてみました。

[adstext]
[ads]

業務提携の意味とは

「業務提携」の意味は以下の通りとなります。
 (1)特定の分野限定で、複数企業が業務上の提携関係を結ぶ。
 (2)複数企業が独立性を保ちつつ、研究開発・製造・購買などで協力関係となる。
 (3)自社で劣っている部分を他社に頼り、双方が相互成長を目指す提携。
経済小説やドラマだけでなく、何かと世間を賑わせている日産とルノーの関係でも「業務提携」という言葉が登場します。厳密には「資本業務提携」に「業務提携」と「資本提携」があり、「業務提携」は上記の意味や協同で業務を行って互いの弱点を補い、業務効率化や円滑化が目的となります。一方「資本提携」は、力関係が強い企業が株式を多く取得したり、互いに株式を保有し合い共存する意味合いがあります。「業務提携」はメリットが多く、独自性を保ちながら相手と協力関係を築け、さらにコストあまり掛からないのが魅力です。デメリットは、企業同士が簡単に「業務提携」ができるだけに、後からトラブルとなる場合も多々あります。利益配分、技術ノウハウなどが騒動に発展する恐れがあります。

業務提携の由来

「業務提携」の由来などは残念ながら不明です。”業務”には継続して行う仕事という意味があり、”提携”は共同で行うという意味があります。由来とは直接関係なく脱線しますが、世界最古の企業は創業1300年以上を誇る山梨県の温泉旅館(ホテル)の「慶雲館」、続いてオーストリアのレストラン「シュティフツケラー・ザンクト・ピーター」、アイルランドのパブ「ショーンズバー」と続きます。「業務提携」はこのような世界的な老舗企業や有名企業などが、遥か昔に初めて行ったと推測できますが、詳細は不明です。

業務提携の文章・例文

例文1.銀行で働いていると、業務提携の新聞見出しに敏感になる。
例文2.業務提携は資本の移動がないのも特徴だ。
例文3.人口減少がネックとなる日本企業にとって、業務提携が最善の策となる。
例文4.業務提携は海外進出する企業ほど、積極的に行う傾向がある。
例文5.業務提携には生産提携・販売提携・技術提携などの種類がある。

「業務提携」の詳しい解説のような例文です。実際に会話としては、ビジネスマンでもないかぎり口に出す機会はあまりないものです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

業務提携の会話例

  • 質問者アイコン

    業務提携と資本提携って、違うよね?

  • 回答者アイコン

    この二つは、株式の譲渡や取得の有り無しが大きな違いだね。業務提携はなし、資本提携は株式を互いに持ち合うので譲渡や取得をし合うよ。

  • 質問者アイコン

    うーん、そうなると資本提携をした方が、より密接で信頼関係が高いとなるの?

  • 回答者アイコン

    一概には言えないけど、大凡でそうなるね。それで、そんな時は二つを合わせた資本業務提携を結ぶんだよ。

「業務提携」「資本提携」「資本業務提携」についての会話内容です。

業務提携の類義語

「業務提携」の類義語には、「資本提携」「業務委託」などの言葉が挙げられます。

業務提携まとめ

「業務提携」は、独立性を保ちつつ複数企業が協力し合う関係性です。株式を互いに持つ事はないが、研究開発・製造・購買などで協力して自社の弱点を他社に頼り、互いに協力して経済成長や発展を目指します。メリットが多く、今後の日本では更に業務提携が増えていくと推測できます。例えば、コンビニなどは新商品や新サービスで、業務提携が特に目立っています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事