業務委託を受ける人

業務委託(ぎょうむいたく)

皆さん「業務委託」という言葉はよく聞きますよね。最近では個人で全ての仕事をこなすフリーランス的な生き方が普及してきたので、今後も「業務委託」というものは増えていくかと思います。しかし皆さん、この言葉の意味を正しく理解できていますか。今回は「業務委託」という言葉について解説するので、是非最後まで読んでみてください。

業務委託の意味とは

企業から何か業務を依頼され、それを行うことで報酬を得ることを「業務委託(契約)」と言います。今では広く使われている言葉ですが、実は民法上ではこのような契約の形態は存在しません。「業務委託(契約)」とは、「請負契約」と「委任契約」の総称のようなものですので注意しましょう。

業務委託の由来

先ほど紹介した「請負契約」と「委任契約」の二つは、厳密に言えば少し違うものなのですが、どちらも、本来企業が行うはずの業務を依頼されて、代わりに行うという面ではあまり変わりません。「業務委託」の「委託」には、企業が他社に業務を依頼して行ってもらうという意味があるので、先程の二つの契約のことを総称して「業務委託(けいやく)」と言うようになりました。

業務委託の文章・例文

例文1.うちではもはや手に負えないので、業務委託をしよう。
例文2.業務委託していたものが納品されたのだが、素晴らしい出来栄えだ。
例文3.彼に業務委託をすると納期に間に合わない恐れがある。
例文4.業務委託先とのトラブルが絶えない。
例文5.今後は業務委託を無しにして、すべて自分たちで処理しよう。
最近はフリーランスの方も増えてきているので、業務委託契約が多くなってきていますね。

業務委託の会話例

  • 質問者アイコン

    業務委託先のYさんと連絡が取れないんだけど、何か聞いてないかな。

  • 回答者アイコン

    何も聞いてませんよ。私も三日前から連絡が取れない状態です。

  • 質問者アイコン

    困ったなあ。明後日までには終わらせたいんだけど。

  • 回答者アイコン

    あのYさんが連絡がつかなくなるなんて、何かあったに違いありませんね。

フリーランスで働く人が増えてきましたが、いい加減な方に委託してしまうと大変なので、見極める目が必要ですね。

業務委託の類義語

「業務委託」の類義語には「業務提携」や「請負契約」などが挙げられます。

業務委託まとめ

今回は、「請負契約」と「委任契約」の総称である「業務委託」について詳しく解説しました。フリーランスとして働くことは、自由なイメージがあり、憧れる人も多いかと思いますが、企業に属さずに一人で生きていくということは全ての責任が自分にのしかかります。そのプレッシャーの中で仕事をこなし、十分な信頼を築かないとフリーランスとしては生きていけません。私たちが思っている以上にフリーランスはハードな生き方だと理解した方が良さそうですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事