案ずるより産むが易い(あんずるよりうむがやすい)

皆さんは物事に取り組む前に難しく考えすぎてしまう事はないでしょうか。実は悩む時間というのは全く意味がなく、考えるのと悩むのは全く意味合いが違います。考えるというのは、現状ある選択肢の中から何をするべきか取捨選択をする作業でどんどんシンプルになっていきます。一方の悩むというのはむしろ逆にあれもこれもと選択肢を増やしてより複雑にしていく事を言います。しかし、悩んだもののやってみたらそれほど難しくなかったという事も少なくないと思います。今回はそんな教訓から生まれた諺「案ずるより産むが易い」について紹介をしたいと思います。

[adstext]
[ads]

案ずるより産むが易いの意味とは

案ずるより産むが易いというのは物事が始まる前から色々と心配をして実際は困難ではない事を悩む事は止めなさいという事を伝える諺です。俗にいう「取り越し苦労」というものをしない様にという事を教えてくれています。

案ずるより産むが易いの由来

言葉の通り、お母さんが子どもを産む際に無事に赤ちゃんが生まれてくるか心配とか、出産するのは大変なのではと色々と心配をしても実際にお産が始まって赤ちゃんが生まれるとそうでもなかったと思う事が多いという事から来ている諺です。それが転じてお産だけでなく、人生におけるあらゆる事柄も思っているより難しくはなく、たいていは難しいと思っている事は経験をしたことがなく頭の中で勝手にハードルを上げている可能性があるという事を言っています。

案ずるより産むが易いの文章・例文

例文1.案ずるより産むが易いの精神で先ずはとにかくやってみるという行動性を身につけたほうが良い
例文2.すぐに考え込んでしまう癖があるからそんな時は案ずるより産むが易いという諺を思い出そう
例文3.案ずるより産むが易いとはいうものの、やれば何でも出来るほど甘くはないから上手くいくまで改善活動が大切だ
例文4.案ずるより産むが易いという言葉を何度もコーチに聞かされていたおかげでとにかくやってみるという感覚で物事に取り組めている
例文5.子どもが何か目の前の事で立ち止まっていたら案ずるより産むが易いという言葉を送ってあげたい
案ずるより産むが易いという言葉は日常生活のあらゆる場面で言える事です。特に成長スピードが速い人は考えるスピードが速いのではなく、行動を起こしてから次の行動に移るまでのスパン、またそこに至るまでの改善活動のスピードが速いわけです。そう考えると失敗を恐れてしり込みする意味はなくなります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

案ずるより産むが易いの会話例

  • 質問者アイコン

    同じ大学の山田くんの事が気になっているだよね。思い切って告白しようかな。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。絶対したほうが良いよ!案ずるより産むが易いっていうし!

  • 質問者アイコン

    もう、他人事だと思って。でも確かに言わないと何も始まらないしね。

  • 回答者アイコン

    そうそう、言っちゃおう!

案ずるより産むが易いという言葉自体は日常生活のあらゆる場面で当てはめて使うこと自体は出来ますが、わざわざ諺を引き出してきて使う人はそれほど多くはないかと思います。しかし、そのエッセンスは別の言葉として存在します。

案ずるより産むが易いの類義語

類義語としては、「思うより産むが易い」「杞憂に過ぎなかった」「取り越し苦労」などがあります。

案ずるより産むが易いまとめ

いかがでしたでしょうか。案ずるより産むが易いは全ての事象に言えます。人は何かピンチになるとすぐに悩む方向に頭を使いがちですが、意外とそれは解決策に結びつきません。是非、悩みそうになったら先ずやってみましょう!

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事