未来永劫とはこれから先の果てしなく長い年月、永遠の歳月永久などという意味

未来永劫(みらいえいごう)

「勤続〇〇年」「不老不死」「永遠の繁栄」など人は“永遠”という言葉に過去も今も変わらず憧れます。やはりずっと結果は出ていた方がよいですし、ずっと若く入れるのであればその方がよいですよね。それは恐らく全ての人が思い描く課題だと思います。そして、そんな未来の渡って永続的につながっていく様を言い表す言葉として「未来永劫」というものがあります。今回はこの未来永劫という言葉について、意味、由来、活用事例、類義語まで余すところなく紹介をしていきます。是非、楽しみながら最後まで読み進めてみてください。

[adstext]
[ads]

未来永劫の意味とは

先ずはその言葉の意味からです。これに関しては冒頭の説明もそうですが、ある程度は漢字の組み合わせからも予想がつくかと思います。読み方は「みらいえいごう」もしくは「みらいようごう」と言います。一般的には“えいごう”の方が多いですね。さて、肝心のその意味ですが「これから先の果てしなく長い年月、永遠の歳月、永久」などという意味になります。終わりのない果てしない時間を指します。私たち人間が憧れるあれですね。

未来永劫の由来

さて、続いて気になる由来です。「永劫」というのは「とてつもなく長い時間」という意味合いになります。「劫」という字が実は仏教語なのですが、「こう」という読み方をして「とてつもなく長い時間」という意味を表します。これを組み合わせて未来に渡ってとてつもなく長い時間=永遠というのを表しているとされています。

未来永劫の文章・例文

例文1.このまま未来永劫日本が繁栄をしてくれたらどれだけ良いだろうか
例文2.たとえ形を変えたとしても未来永劫継続できる企業を作る事が私の目標です
例文3.未来永劫というのは目標ではあるがこれまでそういって多くの企業が倒産をしてきた
例文4.未来永劫繁栄する国家など存在せず、山あり谷ありなのだからそのピンチに時に変化を恐れず変われるかどうかが重要だ
例文5.未来永劫繁栄を続けるには目の前の課題から逃げていてはダメだ
未来永劫と言えば聞こえは良いですが、結局は今の目の前にある課題やお客様のニーズなどに応えていく事の継続が結果的につながっていくわけですので、今がなければ未来はありません。こうありたいという未来を思い描く事は大切ですが、そのために行動をする事が大切です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

未来永劫の会話例

  • 質問者アイコン

    未来永劫繁栄する企業を作るために私は土台となる大切な考え方だけをキチンと整える事が役割だと思っています。

  • 回答者アイコン

    社長の考えに賛同して私もその礎を作りたくこの会社に入社しました。

  • 質問者アイコン

    土台さえしっかりすれば絶対に世の中の流れに置いて行かれる事はないからその根幹の部分をキチンと整えていこう。

  • 回答者アイコン

    はい。一生ついて行きます。

未来永劫というのは様々なシチュエーションで使われますが、国家や企業などの大きな組織で使われる事が多いです。なぜなら個人は寿命で終わってしまいますが、国家や企業はその先も継続をしていくからです。そもそも個人には当てはまらない概念です。

未来永劫の類義語

類義語としては、「億万劫」「悠久」「無窮」などがあります。

未来永劫まとめ

いかがでしたでしょうか。個人にはなかなか当てはまらない概念ではありますが、その考え方については十分に後世にも受け継がれる事を考えればそもそも未来永劫という言葉は全体が繁栄をしていく事を視野に入れた言葉と言ってよいでしょう。むしろ、そのように自分の事だけでなく全体の事に視野が広がらないと良い仕事など出来ません。是非、肝に銘じておきたいところですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事