未来図(みらいず)

「未来図」とは「未来の姿に向かった計画や将来の見通し」です。小学生が「将来は医者になり弁護士の女性と結婚をして、週末には都内からイタリア車を走らせ軽井沢の別荘で過ごす」という願望を思い描いたのなら、その為にどのぐらい勉強をするのかという道筋を立てるのが「未来図」です。頭で思い描く理想的な姿であり、時には単なる妄想や空想ともなりますが、そんな「未来図」についての解説となります。

[adstext]
[ads]

未来図の意味とは

「未来図」の意味は以下の通りとなります。
(1)将来の姿を想像して実現に向けた計画の事。
(2)未来の姿や計画を思い描く。将来の見通し。
(3)近未来の世界の予想。
”未来”は「現在の後に来る時」「将来」「来世」「今後」「死後の世界」、”図”は「絵図など状態を描いたもの」「図形」「物事の様子や状態」「考え通り」「計画」で、端的に言えば「将来の計画」が「未来図」です。実際に未来の姿を想像して絵として描く意味もありますが、それよりは子供や学生に新入社員や新婚夫婦などが将来に成りたい姿や目標に対して実現を目指す計画や見通しという意味合いが強いです。例えば、子供なら「将来は医者になる未来図を描いている」「サッカー選手になって成功する未来図の為に毎日練習する」といった感じで、将来のビジョンや願望に青写真といった言葉とも非常に近いものがあります。他にも行政や企業が「未来図構想」「コロナ後の未来図」「日本の未来図」「〇〇業界の未来図」といった形で、「様々な物事に対して将来の姿がどうなっているのか?」と、問い掛けで使うケースも非常に多いです。

未来図の由来

「未来図」の由来は残念ながら不明ですが、文献としては小説家・深田祐介の著書「新西洋事情」(1975年)などに文言が記されています。

未来図の文章・例文

例文1.一人娘に「将来の未来図を描き、しっかりするように!」と塀の中から手紙で助言を出したが、多分読まれずに捨てられるだろう。
例文2.口が達者な政治家が演説で語気を強めて未来図を語ると、よほどパーティー券が売れたんだなと笑ってしまう。
例文3.子供は自由に未来図を描けるが、大人の未来図はローンとセットになっていて一歩間違えれば一家離散で途方に暮れる地獄への直行便だ。
例文4.偉くなる程に欲の塊となるので、未来図などは中途半端にして失敗に終わった方がいいのだろう。
例文5.これだけ超少子高齢化なのだから、行政は子供が最後の一人になるまで未来図を掲げて尽きる事なく楽観でいてほしい。
様々な「未来図」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

未来図の会話例

  • 質問者アイコン

    株高原油高に円安が急激に進み、マーケットに翻弄される日々だよね。将来はもっと酷くなると思うし、もう一体日本の将来はどうなっているのか?

  • 回答者アイコン

    日本の未来図って事?

  • 質問者アイコン

    そうだよ。俺は憂いているよ。

  • 回答者アイコン

    問題をすり替えないで、私達は月末のローン払いをどうするか考えましょう。

月末の支払いに頭を痛める夫婦の会話です。

未来図の類義語

「未来図」の類義語には、「見通し」「構想」「青写真を描く」「戦略を練る」「ビジョン」「展望」「将来展望」「予想図」などの言葉が挙げられます。

未来図の対義語

「未来図」の対義語には、「回顧」「追憶」「回想」などの言葉が挙げられます。

未来図まとめ

「未来図」は未来を想像して描いたり、将来に実現を目指す計画の事です。非常にポジティブで前向きな言葉とされ、将来の夢を叶える為にまずは第一歩として理想の姿を思い描くので「未来図を描く」という使われ方が最も一般的です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事