未来の為に勉強をする

未来とは今である

受験勉強や日々の仕事で行き詰ってしまったとき、ふと心を軽くしてくれる名言に出会いたいときがあります。今回ご紹介するのが「未来とは今である」という、ぜひ覚えておきたいフレーズです。音楽の歌詞に出てきそうなキーワードですが、どのようなメッセージが入っているのでしょうか。言葉の玉手箱をのぞいていきましょう。

未来とは今であるの意味とは

未来とは今であるとは、いまこの一瞬も刻々と変化している「未来の一部である」ということです。未来という言葉を聞くと10年後・30年後などの遠い将来を思い浮かべるかもしれません。けれども昨日のあなたから見たら、現在も立派な未来のカタチ。
いまこの1秒1秒がかけがえのない大切なモノだという事実に気づくと、時間の重みをこれまで以上に感じることができます。

未来とは今であるの由来

未来とは今であると発信したのは、アメリカの文化学者マーガレット・ミードの言葉です。マーガレット・ミードは1900年代初頭に生まれた女性学者ですが、先住民についての研究を革命的におこない多くの著名人に影響を与えました。1979年に亡くなったあともアメリカ切手のデザインにも採用された、アメリカ国民に非常に愛された存在です。そんな彼女が呟いたのが「未来とは今である」。寝る間も惜しまずに研究に没頭した、上昇志向の強い彼女だからいえる言葉です。

未来とは今であるの文章・例文

例文1.未来とは今である、勉学を怠ってはいけないよ
例文2.未来とは今であるのスピリットをもち、懸命に練習に励みました
例文3.未来とは今である、ライバル社に先をこされないよう新商品の開発をがんばろう
例文4.卒業生への寄せ書きに、未来とは今であるというメッセージを贈った
例文5.私の信条は、未来とは今であるの格言です
未来とは今であるという言葉には、いまこの瞬間を全力で走り切ろうとする熱い魂が宿っています。どんなにお金をつんでも、買うことができないのが時間。この瞬間の貴重さを、噛みしめたいものです。

未来とは今であるの類義語

未来とは今であるの類義語としては、「一所懸命」「時は金なり」「タイムイズマネー」「一寸の光」「軽んずべからず」などがあります。どれも時間はお金よりも価値のあるもので、時間を無駄にしない生き方の大切さを説いています。

未来とは今であるまとめ

未来と聞くと、思わず誰もが身を固くしてしまうもの。未来を必要以上に恐れるのではなく、今日こそ未来の一部分なのだ…と前向きに発想をかえることも大切です。いまおこなっている仕事や勉強が未来の糧になると思えば、エネルギッシュに日々を生きることもできます。いま出来ることを自分のペースで少しずつおこなっていく、生き方上手になるためには未来とは今であるのアイデアを、頭の片隅に入れておくと良いかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事