暮色蒼然の美しい空模様

暮色蒼然(ぼしょくそうぜん)

暮色蒼然とは、夕暮れに辺りが次第に暗くなっていくさまのことです。日というものは朝になると昇り、夕方になると沈んでいき、夜になります。夕方は日が沈んでいくため徐々に辺りが暗くなっていって街灯がなければ真っ暗になってしまいます。そんな様子を表すことができるのが暮色蒼然です。今回は、そんな暮色蒼然の使い方、由来、類義語などを交えてみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

暮色蒼然の意味とは

暮色蒼然の意味は、夕暮れに辺りが次第に暗くなっていくさまのことです。暮色蒼然は夕暮れに対して使われる言葉なので消灯などの光が弱くなり、辺りが暗くなる様子などには使われないということを理解しておけるといいと思います。

暮色蒼然の由来

暮色蒼然の「暮色」は夕暮れの景色のことを表しており、「蒼然」は薄暗いさまを表しています。このことから暮色蒼然は、夕暮れの薄暗い景色を表す言葉として使われるようになったと考えることができます。

暮色蒼然の文章・例文

例文1.私は、帰宅中に車から見える暮色蒼然の景色が好きでいつも帰り道は楽しみにしている。
例文2.暮色蒼然の時間は、気づけばすぐに暗くなっていることが多い。
例文3.夏至が近づいていて日が長いため、暮色蒼然の時間帯は日々遅くなっている。
例文4.天気が良いときの暮色蒼然は、とても綺麗でついつい写真を撮ってしまう。
例文5.暮色蒼然になってきたので、外灯をつける。
これらから暮色蒼然は、夕暮れに辺りが次第に暗くなっていく様子を表すことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

暮色蒼然の会話例

  • 質問者アイコン

    最近は、冬至が近づいてきてとても肌寒くなってきたよね。

  • 回答者アイコン

    そうだわ。それに日が落ちるのがとても早いのを感じるわ。

  • 質問者アイコン

    暮色蒼然の時間帯は早まっているよね。なんたって冬至が最も日が短いと言われているのだもの。

  • 回答者アイコン

    うん。日が落ちて暗くなるのが早いから子供には帰宅するときにはいつも以上に気をつけるように言わなきゃだわ。

これは、井戸端会議をしている様子です。

暮色蒼然の類義語

暮色蒼然の類義語には、「蒼然暮色」「夜の帳がおりる」「薄暮」などがあります。

暮色蒼然まとめ

暮色蒼然の時間帯というのは季節によって変わってきますし、天気によっても明るさは異なります。また、暮色蒼然の空はとても綺麗で好きだと言う人も多いと思います。そんな景色のことを説明するときには、暮色蒼然という言葉は合わせて使うことができるのでこれを機に合わせて覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事