暗号鍵をつかった技術

暗号鍵(あんごうかぎ)

突然ですが「暗号鍵」というものをご存知でしょうか?ネットのあらゆるデータの送受信において、改竄や不正取得をさせないように情報の機密を守るために使われているものですが、あまり聞いたことがない方が多いと思います。そこで暗号鍵というものがどのようなものなのか、簡単にわかりやすく解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

暗号鍵の意味とは

元となるデータに特別な処理を行うことで「暗号化」し、暗号化されたデータを戻す(「複合化」)することで機密性を保持することができます。その「暗号化」や「複合化」を行う処理を「暗号アルゴリズム」と言いますが、暗号アルゴリズムをデータごとに分けて使うために必要な鍵となるのを「暗号鍵」と言います。

暗号鍵の由来

「データ」というものがむやみやたらに誰にでも触れられないように暗号化し、それを解除するために鍵を用意して暗号化されたデータを復元するようにすることで、データのやり取りを安全にするために作られました。流れとしては、1データの暗号化 → 2暗号データのやり取り → 3暗号データを復元して元に戻す、という方法で管理をします。現在では「公開鍵暗号方式」と「共通鍵暗号方式」の二つがよく使われています。

暗号鍵の文章・例文

例文1.共通鍵暗号方式は、暗号化と複合化で同じ暗号鍵を使う方式だ
例文2.公開鍵暗号方式は、暗号化と複合化で別々の暗号鍵を使う方式だ
例文3.コンピューターの普及によって、コンピューターが作成と解読をする暗号鍵方式へと転換した。
例文4.暗号鍵方式はネット社会では必要不可欠だ
例文5.暗号鍵方式のおかげで安心してデータが送受信できる
暗号鍵を使ったセキュリティ方式は今後もさらに発展をしていくでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

暗号鍵の会話例

  • 質問者アイコン

    古代エジプトの石碑に書かれてるものが最古の暗号と言われているらしいよ

  • 回答者アイコン

    やっぱり大昔でも秘密にしたい情報はあったのね

  • 質問者アイコン

    そうだね、今では暗号鍵方式でいろんなデータに暗号が使われてるしね

  • 回答者アイコン

    今では秘密というよりは普通の情報にも暗号が使われるようになったね・・・

現代人は平安時代の人の一生分の情報量を1日で得られるくらい情報があるらしいので機密性は大切ですね。

暗号鍵の類義語

暗号鍵の類義語には、上にも出てきましたが「公開鍵」や「秘密鍵」、「共通鍵」などがあります。

暗号鍵のまとめ

暗号鍵は、情報社会においてコンピューターでデータのやり取りをするために必須と言っていいほどの仕組みでした。最近ではビットコインでも使用されており有名になりましたし、これから先新しく強固な暗号鍵方式が作られるかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事