時系列を整理して物事を考える

時系列(じけいれつ)

時系列とは、時間の経過とともに起こる現象を観察して、整理したもののことです。人気映画やドラマなどで作品のタイトルが多く上映されたり、放送されたりすれば時間の経過と出来事を整理することもあると思います。そんなときに使うことができるのが、時系列です。今回は、そんな時系列について説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

時系列の意味とは

時系列の意味とは、時間の経過とともに起こる現象を観察して、整理したもののことです。時系列とは、物事を時間の経過順に並べ替えたりして整理するときに用いられます。

時系列の由来

時系列の「時」は、月日の移り変わりを表しており、「系列」は組織だって並んでいる、一連の物事のことを表しています。これらの言葉を組み合わせて時系列は、時の流れとともに起きた事柄について順番並べたものを意味する言葉として使われるようになったと考えられています。

時系列の文章・例文

例文1.この映画は、時系列順に上映せず今回の内容の過去にあたる内容が次に上映される予定だ。。
例文2.時系列に起こった出来事をまとめていくことによってストーリーを整理する。
例文3.この事件の真相を解明するには、時系列に疑いのある人の行動を見ていく必要がある。
例文4.このサンプリングデータは時系列でいうどの点の値なのかわからなくなってしまった。
例文5.この作品は、過去にタイムスリップすることがあるので、時系列が時々わからなくなる。
これらから時系列という言葉は、時間の経過とともに起こる現象を整理したものに対しての使うことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

時系列の会話例

  • 質問者アイコン

    今度あの有名な映画を見ようと思っているんだけど、どの作品から見るか迷っているんだよ。

  • 回答者アイコン

    ああ。この前みたいって言っていたよね。週末は休みなんだし、一気に見ることができるね。

  • 質問者アイコン

    うん。時系列順でみるのか、それとも上映順にみるのか悩んでしまうよ。

  • 回答者アイコン

    上映順にみるのがいいんじゃないかな。僕はそうしたよ。

これは、映画をどうみるか話している様子です。

時系列の類義語

時系列の類義語には、「オーダー」「軌道」「番号順」などがあります。

時系列まとめ

物事を整理するときには、時系列毎に並び替えてみるというのは非常に有効な手段です。何事にも流れや手順というものがあり、システムなどでは、間違った順番で入力を行うと正常に動かなかったり、誤った結果になったりしてしまうこともあります。時系列を考えて取り組むことができれば自ずと良い結果が期待できると思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事