時短営業しているようす

時短営業(じたんえいぎょう)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、感染がさらに拡大することを避けるために百貨店などの店舗が時短営業を行うことを決めました。この効果を受けて、ほかの店舗でもこの時短営業を行うかどうかを決めるようです。
イベントなども自粛ムードとなり、さらに学校も休校、新型コロナウイルスに対抗するための措置はとっているものの、これがどれだけ効果のあるものなのでしょうか。今回はこの「時短営業」について詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

時短営業の意味とは

営業時間を通常の開店時間よりも引き下げて、営業時間を短くすることを指します。

時短営業の由来

イベントなどの人が多くいるところの自粛ムードや新型コロナウイルスの感染拡大を避けるために、時短営業を決行する百貨店などが多くなってきました。新型コロナウイルスに感染することを恐れて、不要不出の外出は控えるようになった今、そういった百貨店などに足を運ぶ人も少なくなっていることからも、営業時間を短くした一因だと唱える人もいます。

時短営業の文章・例文

例文1.時短営業によって、朝から必ず営業しているとは限らない。
例文2.この自粛ムードを受けて、時短営業までされてしまったら娯楽がなんにもないじゃないか。
例文3.時短営業を行うことで、従業員の通勤混雑時を避けることができるだろう。
例文4.時短営業などの対処を行うことでクラスターの感染を避けることができるだろう。
例文5.この動きを受けて、さらにいろいろな施設で時短営業などの措置をとるようになるだろう。
日本中が新型コロナウイルスの感染を避けるために努力しています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

時短営業の会話例

  • 質問者アイコン

    新型コロナウイルスの感染を受けて、うちも時短営業を考えないとな。そのほうが従業員のリスクも減るだろう。

  • 回答者アイコン

    確かにそうですが、この時短勤務によって損失を考えるとなかなか打ち出すのは難しいかと…

  • 質問者アイコン

    今は従業員の健康のほうが大切だ。だから、今回の損失は仕方ないと思うんだ。

  • 回答者アイコン

    かしこまりました。それなら、そのように調整させます。

今は企業の損得よりもその従業員の健康などに気を遣う風潮になってきています。

時短営業の類義語

時短営業の類義語として、「時短勤務」「休業補償」などがあげられます。

時短営業まとめ

この時短営業などがどこまで効果がでるかは誰にもわかりません。混乱を招いただけの可能性もあります。今回は特に非常時なので、こうした感染リスクに対して対策を打ち出すなどの、各企業の柔軟な対応が求められています。
この対応に乗り遅れるということは、これからの時代にも乗り遅れてしまう可能性が高いでしょう。従業員の健康のためにも、今後の会社のためにも、妥当な対応策が求められています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事