時短ハラスメント

働き方改革という言葉だけが一人歩きしてしまって、本質的な議論がされていないまま導入が進んでいる企業も多く、その負担は従業員やその家族にしわ寄せがきています。今回は時短ハラスメントについて説明をしていきます。

時短ハラスメントの意味とは

時短ハラスメントの意味は働き方改革によって、長時間労働や過重労働を解決する抜本的な対策なしに経営陣や管理職の人間が従業員や部下に対して、業務の切り上げを強要している事を指します。
ただ結果として業務の切り上げをしたとしても、家に仕事を持ち帰っているだけであり、業務改善は行われておらず仕事量は変わりません。それに対して、残業代も出ない点でのモチベーションの低下や情報漏洩のリスクを鑑みると非常にリスキーな行為と言えるでしょう。

時短ハラスメントの由来

時短ハラスメントの由来は2017年の働き方改革によるもので、そこから派生して「ジタハラ」とも略されて言われています。

時短ハラスメントの文章・例文

例文1.時短ハラスメントはサービス残業の強要だ
例文2.働き方改革の旗印だけではジタハラはなくならないだろう
例文3.時短ハラスメントは非合理的な行動だ
例文4.企業の抜本的対策なしにはジタハラは解決しない
例文5.経営陣と部下に挟まれて管理職はしたくもないジタハラをせざるを得ない
時短ハラスメントにおいて、メリットがあるのは実は会社の経営陣だけで、クライアントや従業員、管理職には全くメリットがありません。働き方改革には抜本的な改革が必要だという事です。

時短ハラスメントの類義語

時短ハラスメントの類義語ではありませんが、関連ワードとしては「働き方改革」や「ワークライフバランス」があげられる。

時短ハラスメントまとめ

働き方改革の波はどの企業にも大きく波及をしていますが、一定規模以上の会社・企業は規模があるが故に、身動きが取れずに変革が出来なくなっています。その反面、IT企業などは比較的早くから導入をしており、業界格差も出てきている様です。時短ハラスメントによって、働き方改革が意味がないものにならない様に各企業共にして欲しいですね。

この記事を読んでいる人に人気の記事