時差出勤をしている人

時差出勤(じさしゅっきん)

新型コロナウイルスの流行を恐れて、政府は電車通勤などの通勤時間の混雑をさけるように時差出勤を推奨しました。また、自宅で仕事をするようなテレワークなどの働き方なども推奨しており、会社などの柔軟な対応が求められています。
今回は、そんな「時差出勤」について詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

時差出勤の意味とは

時差出勤とは、朝の通勤ラッシュなどの混雑を避けるために、通勤する時間帯をずらす働き方のことを指します。主に、8時~9時に通勤ラッシュのピークを迎えるため、その時間の前後に始業時間を設けることによって、混雑を避けるのです。

時差出勤の由来

今回の新型コロナウイルスの感染を恐れて、各会社の柔軟な対応が急速に求められています。しかし、その対応は会社によってさまざまなこともあり、今現在も結局通勤ラッシュはなくなっていないのが現状なのです。

時差出勤の文章・例文

例文1.時差出勤によって、満員電車から解放された。
例文2.新型コロナウイルス感染のリスクから、時差出勤が推奨されている。
例文3.時差出勤は、勤務時間の調整ができるフレックスタイム制とは異なる。
例文4.時差出勤をすることで、朝の電車でのストレスがなくなった。
例文5.早い時間に時差出勤することで、早めに帰ることができる。
時差出勤をすることで、さまざまなメリットが生まれる可能性があるのです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

時差出勤の会話例

  • 質問者アイコン

    時差出勤推奨によって毎朝の通勤ラッシュの混雑から解放されるかと思ったけど、全然満員電車なんですけど…

  • 回答者アイコン

    政府が推奨していても、実践しているのは数えるほどしかしてないみたいね。

  • 質問者アイコン

    そうみたいなのは、今朝痛感したからわかるよ…でも、このままだと感染リスクが高いままだと思うんだけど。

  • 回答者アイコン

    これを機に働き方改革を進めてくれたらいいんだけどね。

時差出勤を推奨していても、通勤ラッシュには変わりはないようです。

時差出勤の類義語

時差出勤の類義語として、「テレワーク」「働き方改革」などがあげられます。

時差出勤まとめ

イベントなどの自粛を呼び掛けたりしている昨今ですら、毎朝の通勤ラッシュには変わりがないのが現状なのです。例えば、こんな満員電車のなかで感染者がいて、その感染者がくしゃみや咳をしたらと考えると感染は免れないでしょう。
しかし、テレワークなどの推奨などの対処が早い会社とそうでない会社が浮き彫りになってしまっていることからも、もっと柔軟に対応してほしいと願うばかりです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事