ビジネスで成功して時代の寵児となった男性

時代の寵児(じだいのちょうじ)

時代の寵児とは、その時代にあった能力を発揮し、人々からもてはやされることです。時代によって人気のあるものや求められているものは違います。また、時代の移り変わりとともに人の価値観も少しずつ変わっていくものです。そんな変わりゆく時代で活躍する人たちを時代の寵児といいます。今回は、そんな時代の寵児についてマスターしていきます。

[adstext]
[ads]

時代の寵児の意味とは

時代の寵児の意味は、その時代にあった能力を発揮し、人々からもてはやされることです。時代やタイミングというのはとても大切です。少し月日が進むだけでも人々の嗜好や流行は変わってきます。そんな中で人々の注目を集め、活躍できる人はほんの一握りであることから時代に愛されると考えられるのです。

時代の寵児の由来

時代の寵児の「時代」はある長さをもった年月のことです。また、「寵児」は愛されている子供のことを意味します。これらから時代の寵児は、時代に愛されて活躍している人という意味で使われています。

時代の寵児の文章・例文

例文1.時代の寵児と言われる彼は才能を発揮し、多くの番組に出演している。
例文2.少し前であれば、多くの人から批判を受けていたのにも関わらず今では時代の寵児である。
例文3.現代だからこそ、彼女の価値観や世界観が受け入れられてヒットしているのだ。まさに時代の寵児である。
例文4.時代の寵児の活躍は甚だしく、多くの人からチヤホヤされて自惚れている。
例文5.時代の寵児と言われた彼は街を歩けば多くの人に声をかけられていたが、今ではその影もない。
これらから時代の寵児という言葉は、人に対して使われることがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

時代の寵児の会話例

  • 質問者アイコン

    最近、話題になったアーティストを知っているかい。この前ニュースでも取り上げられていたよ。

  • 回答者アイコン

    うん。知っているよ。どこに行ってもその人の曲が流れているからね。

  • 質問者アイコン

    まさに時代の寵児だね。今後の活躍が楽しみだね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。また、来週に新曲が出るみたいだからチェックしなくっちゃ。

これは人気上昇中のアーティストの話しをしている様子です。

時代の寵児の類義語

時代の寵児の類義語には、「流行児」「センセーション」「期待株」「風雲児」などがあります。

時代の寵児まとめ

チャンスをものにするというのはとても難しいことです。くじで当たりを引くために、くじを引く回数を増やせば当たりを引く確率も上がってきます。このように施行回数を増やすことによってチャンスをものにできる確率も増えるものです。何事にも挑戦してチャンスをものにして活躍できるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事