時は得がたくして失い易しはこの時計が証明している

時は得がたくして失い易し(ときはえがたくくしてうしないやすし)

時は得がたくして失い易しとは、好機を掴むのは難しいということです。。チャンスを掴むということは、チャンスを必ずものにできるように万全の準備をしておくことでもあります。準備をしていないとチャンスが巡ってきても、逃してしまいます。時というのは常に流れていて止めることもできなければ、時を戻すこともできません。よく映画やアニメなどでは、未来に行ったり、過去に戻ったりして現在を変えることがありますが、現実では実現し難いことです。今回は、そんな時は得がたくして失い易しについて、意味、由来、使い方、類義語などについて解説していきます。

[adstext]
[ads]

時は得がたくして失い易しの意味とは

意味は、好機を掴むのは難しいということです。何事にもタイミングというものがあるので好機を逃さないように構えておくことが大切です。タイミングというのは、何事にも大切でそれを物できるかで決まってくることもあります。悔いの残らない決断と行動が大切です。

時は得がたくして失い易しの由来

由来は、史記にあります。貴重な時間であることから時は得がたくして失い易しという言葉として今日でも使われるようになったと考えられます。

時は得がたくして失い易しの文章・例文

例文1.時は得がたくして失い易し。彼女はそう言って一瞬の好機を逃さないために準備を整える。
例文2.時は得がたくして失い易しを座右の銘にしているが、時代にあった事業を成功させるのは難しい。
例文3.時は得がたくして失い易しであるからこそかけがえのない時間の大切さに気づくことができた。
例文4.ミスをおかした彼に一生好機は回ってこなかった。これが時は得がたくして失い易しということなのだろう。
例文5.スポーツ選手にとって、時は得がたくして失い易し。現実はとても残酷である。
この言葉は、物事におけるタイミングの重要性を戒めるには、最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

時は得がたくして失い易しの会話例

  • 質問者アイコン

    ずっとこの日のオーディションために、努力を続けてきたのに叶わなかったよ。

  • 回答者アイコン

    それはとても残念だよ。今度の試験はまだ未定なのかい?

  • 質問者アイコン

    うん。今のところは決まっていないね。時は得がたくして失い易しと言われる意味がよくわかったよ。

  • 回答者アイコン

    今までの努力は、無駄じゃないし、他の目標をみつけて頑張ろう。

これは得難い機会を逃してしまったときの会話です。

時は得がたくして失い易しの類義語

時は得がたくして失い易しの類義語には、「時は金なり」「潮時」「時折」「頃合い」などがあります。

時は得がたくして失い易しまとめ

人生は一度きりなので、その時にしかできないことであったり、できない経験であったりはあると思います。後悔しないためにもやりたいことや今しかできないことは、何でも臆せず取り組んでみることがいいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事