旧優生保護法とは病気や障害などを持つ赤ん坊を生まないようにすることなどの意味がある

旧優生保護法(きゅうゆうせいほうほごほう)

皆さんの周りには意図しない形での妊娠を防ぐために不妊手術をしたり、人工妊娠中絶を行った事がある人はいるでしょうか。基本的にはプライベートな問題になってきますので、よほど仲が良い間柄の友人でない限りはそういった事情についても知らないかと思います。実は、今回紹介をする「旧優生保護法」というのはまさにその点に関して定めた法律になります。命のやり取りに関わる非常に難しい問題ですので決して軽視はして欲しくはないですがこういった法律があるという事を知っておくのと知らないのとでは全く見える景色も変わりますから先ずは知識としてこの機会に覚えてしまいましょう。

旧優生保護法の意味とは

旧優勢保護法は2つの目的を持った法律です。1つは「優勢上の見地から不良な子孫の出生を防止する」というもの、もう1つは「母性の生命健康を保護する」というものです。それぞれこれだけの説明だと分かりにくいのでもう少し簡単にすると、1つ目は病気や障害などを持つ赤ん坊を生まないようにすること、2つ目は妊娠・出産に関わる機能を保護するという事です。そのために具体的には避妊具の販売・指導などについて定めてあったり、不妊手術および中絶を行う条件などについて書かれています。

旧優生保護法の由来

始まりは1940年に成立をした国民優勢法になります。当時はまだ第二次世界大戦中でしたので、とにかく子どもを産めよ殖やせよという風潮があり、「遺伝子疾患」を持つ者に限って生まない選択が認められるという内容でした。実際にはその選択をした人も少ないと言います。その後、戦後を迎え今度は逆に爆発的に生まれる人口に歯止めをかける目的で優勢保護法が出来上がります。日本において長い間タブーとされてきた生まないという女性の権利が尊重される形になりました。ただし、実はそんなに生易しいものでもなく戦後の食糧も少ない日本において障害をもった子どもたちが生まれてこないように母親の意向は関係なしで不妊手術が実施される事もあったようです。旧と名前がついているようにこちらは1948年から1996年までの法律でした。

旧優生保護法の文章・例文

例文1.旧優生保護法が誕生した事で障害者にとっては住みにくい環境が出来上がってしまった
例文2.旧優生保護法は極端に言ってしまえば差別だ
例文3.人口政策を行うために旧優生保護法は作られた
例文4.旧優生保護法は一見女性の人権を尊重しているように思えるが実体はそうではない
例文5.旧優生保護法が施行されていた時代はまだまだ子どもを産む事に対する規制が激しく個人の判断だけではどうにもならない事もあった
規制がある事で得をしたのはむしろ国の方であり、本当の意味で女性やその家族の事を考えて作られた政策ではなかったことが分かります。

旧優生保護法の会話例

  • 質問者アイコン

    旧優生保護法は実態を見るとかなりひどい法律だと思う。

  • 回答者アイコン

    そうですね。正直、国にとって都合の良い法律という感が否めないですね。

  • 質問者アイコン

    実際に意図しない不妊治療をされた女性も多いと聞くよ。

  • 回答者アイコン

    それはひどいですね。

女性の人権に関する問題ですので、特に女性同士の話では話題になる事も多いでしょう。また、実際に被害にあった女性やその家族に関しては死活問題となっています。

旧優生保護法の類義語

旧優生保護法の前身である「国民優勢法」がそれと似たような施策にはなります。ただし、実際の効果についてはかなり違います。

旧優生保護法まとめ

いかがでしたでしょうか。未来の宝である子どもの問題ですので決して軽視出来る事ではありません。女性の体も場合によっては危険にさらすことになるため、キチンと解決をしてく必要があります。


厚生労働省のホームページでも確認することができます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事