日本三名園の景観に感動する

日本三名園(にほんさんめいえん)

日本三名園とは、素晴らしい景色である水戸市の偕楽園、岡山市の後楽園、金沢市の兼六園の3つの日本庭園の総称です。昔、有力な旧藩主が作ったと言われる庭園で今でも多くの人が観光するためにその地を訪れます。日本三名園は素晴らしい景色を楽しむことができます。今回は、そんな日本三名園についてどんな季節が一番楽しむことができるのかや使い方などについて合わせて説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

日本三名園の意味とは

日本三名園の意味は、素晴らしい景色である水戸市の偕楽園、岡山市の後楽園、金沢市の兼六園の3つの日本庭園の総称のことです。

日本三名園の由来

日本三名園の「日本」は国の呼び名のことであり、「三名園」は3つの優れて名高い庭のことを表しています。このことから日本の優れた3つの庭園を表す言葉として日本三名園は使われるようになったと考えられています。

日本三名園の文章・例文

例文1.日本三名園の兼六園といれば、雪吊りがとても有名で冬に訪れるのがおすすめである。
例文2.日本三名園の一つである後楽園は、水と石と山が作り出す素晴らしい空間を楽しむことができる。
例文3.日本三名園の岡山後楽園は、夜にライトアップが行われて幻想的な雰囲気を味わうことができる。
例文4.日本三名園の偕楽園では、2月、3月に梅まつりが行われる。
例文5.日本三名園として名高い兼六園では、冬だけでなく、春も桜を楽しむことができておすすめである。
これらから日本三名園は、水戸市の偕楽園、岡山市の後楽園、金沢市の兼六園の3つの日本庭園の総称として使われます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

日本三名園の会話例

  • 質問者アイコン

    今度、茨城県水戸市の中央部にある偕楽園を訪れたいと思っているんだよ。

  • 回答者アイコン

    偕楽園は広さは13ヘクタールもあって、庭には様々な植物が咲き誇っていてとてもおすすめだよ。

  • 質問者アイコン

    それは日本三名園であることも納得できるね。ただどのシーズンに訪れるか迷っているんだよね。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。でも偕楽園は春夏秋冬で違う景色が楽しめるからいつ行っても楽しめると思うよ。

これは、偕楽園について話している様子です。

日本三名園の類義語

日本三名園の類義語には、「景勝」「日本八景」「名勝」などがあります。

日本三名園まとめ

日本三名園が選ばれた理由として、雪月花に対応させたものであるという説があります。雪月花とは、自然の美しい景物を表すものです。雪に兼六園、月に後楽園、花に偕楽園に対応させたであろうと言われています。豆知識として知っておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事