日はまた昇ると信じて努力する

日はまた昇る(ひはまたのぼる)

新型コロナウイルスの感染が拡大するにつれて、私たちの生活は大きく制限されるようになりました。最近では、自粛生活に痺れをきらしているような人も多く見受けられます。確かに今の自粛生活がいつまで続くのかは私たちにはわかりません。しかし、「日はまた昇る」という言葉が示すように、この状況にもいつかは終わりがきて、これまで通りの生活に戻れる日が来るはずです。ということで、今回は「日はまた昇る」という言葉について詳しく解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

日はまた昇るの意味とは

「日はまた昇る」とは何事にも、上手くいく時があれば、そうでない時もあるという意味です。物事が上手くいかないと落ち込んでいる人に対してかける励ましの言葉として使われることが多いです。

日はまた昇るの由来

「日はまた昇る」とは、ヘミングウェイの代表作のタイトルで、原題の『The Sun Also Rises』は旧約聖書の中の句からとったものとされています。

日はまた昇るの文章・例文

例文1.日はまた昇ると信じて、現状と向き合う。
例文2.日はまた昇るとは言うが、新型コロナウイルスがいつ収束するかは私たちにはわからない。
例文3.逆境にいる時こそ、日はまた昇ると言い聞かすことが大切だ。
例文4.日はまた昇るという彼の言葉通りに、自体は徐々に好転していった。
例文5.先の見えない状況だが、日はまた昇ると信じている
日はまた昇るとは言いますが、いつ昇るかがわからないとどうしても不安になってしまいますよね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

日はまた昇るの会話例

  • 質問者アイコン

    最近どうしても上手くシュートが決まらないんだ。このままだとレギュラーを外されちゃうよ。

  • 回答者アイコン

    うーん。練習しすぎて体が疲れているんじゃない?

  • 質問者アイコン

    そうなのかなあ。でも、練習しないとやっぱり不安になっちゃうんだよ。

  • 回答者アイコン

    その気持ちはわかるけど、日はまた昇るって言うし、ある程度力を抜いて気を抜くことも大切だと思うよ。

どれだけ急かしたところで、日は急いで昇ってきてくれるわけではありません。ある程度は気を抜いて、気長に待つことも大切かもしれませんね。

日はまた昇るの類義語

「日はまた昇る」の類義語には、「止まない雨はない」や「明けない夜はない」などが挙げられます。

日はまた昇るまとめ

今回は、良いことにも悪いことにも終わりがあって、それは繰り返されていくものだという意味の「日はまた昇る」という言葉について解説をしました。暗い状態というのは、日が昇っている状態よりもどうしても長く不安に感じてしまいますが、「日はまた昇る」という言葉通り、必ずまた良い状態というのは戻ってきます。日が昇った後に、暗かった時期を冷静に見つめ直して対策を立てることが大切ですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事