新型インフラ投資(しんがたいんふらとうし)

「新型インフラ投資」とは「コロナ後の経済成長や発展を目論む米中の覇権を争う重要ワード」です。これまで”インフラ”といえば道路や電気・ガス・水道などその地域の人々の生活を支えるもので、その為の公共工事といった扱いでしたが、世界がコロナ渦となり従来の価値観が逆転すると、経済で世界の覇権牛耳る為の新技術の設備を整備するといったニュアンスとなり、特に5Gネットワーク構築などと絡めて「新型インフラ投資」と使われるようになりました。そんな近未来を支える新技術の共通ワード「新型インフラ投資」の解説となります。

[adstext]
[ads]

新型インフラ投資の意味とは

「新型インフラ投資」の意味は以下の通りとなります。
(1)コロナ禍社会の終息後の経済活性を模索する世界の動きで、特に中国の5G通信網の拡大やデータセンター整備などの巨大プロジェクト計画を指す。
(2)社会全体に必要不可欠な設備や施設建設等のインフラへの投資だが、コロナ禍終息後の次世代向け新技術への計画や投資の事。
(3)「新型インフラ建設」「新型インフラ整備」もほぼ同義。
インフラ”は正式名称「インフラストラクチャ―」(英語:infrastructure)で、下支えや下部構造という意味合いですが「国民生活に必要な公共施設」「生活や経済が機能する為に道路・鉄道・ガス・電気・水道等々の整備」と普通は解釈されます。これを踏まえて、従来の「インフラ投資」は人々の生活に必要不可欠な交通や電気や水道などのインフラの設備に対する投資であり運用スタイルのひとつでしたが、現在経済や国際政治などで使われる「新型インフラ投資」は少々意味合いが異なり、単なる「インフラ投資」の「新型」ではありません。それどころか「投資」も便宜上用いているだけで、「新型インフラ建設」や「新型インフラ整備」の方が言葉としてより正しいです。具体的には中国が率先して世界を牽引しているアフターコロナの社会を見据えたインフラの整備で、代表となるのは 次世代の通信技術5G(第5世代移動通信システム)や巨大データセンターの整備に電気自動車普及や高速鉄道計画にブロックチェーン技術などが対象とされ、これらは世界一の経済大国・アメリカよりも進んでいて予算規模も3倍以上の開きがあるとして俄然注目を集めたのです。しかし、この莫大な予算を掛けての中国の「新型インフラ投資」には懐疑的な声も多く、実際に計画通りに進むかは未知数です。何よりも中国が影響力を誇示するほど欧米各国は連携を強めて、新たなインフラ投資構想を練ってくるので、中国としては圧倒的な新技術で出し抜くしかありません。「新型インフラ投資」の技術や中身が欧米各国と同程度なら、傍観的な立場のアフリカや東南アジアなど後進国の他国は欧米各国になびくからです。よって、コロナが終息したら、世界はどのような経済発展を遂げて中国はどのような立ち位置になるのかという観点からも使われるのが「新型インフラ投資」という経済用語です。

新型インフラ投資の由来

「新型インフラ投資」の由来は残念ながら不明ですが、言葉としては2020年前半頃から経済関連の話題で登場するようになります。因みに”インフラ”は定義や概念としてどこまで遡るか意見が分かれますが、世界最古の文明とされる古代メソポタミア文明には図書館やダムなど現在の”インフラ”に通じるものが人々の為に造られていました。

新型インフラ投資の文章・例文

例文1.米中関係の激化が懸念されるが、その最終判断は新型インフラ投資の行方で決着が着きそうだ。
例文2.新型インフラ投資で日本も5Gが普及すれば、土日や夜はネット回線が遅いと文句を言っていた人もやっと解消されるだろう。
例文3.飽く迄もコロナが終息すればという体での新型インフラ投資なので、このまま猛威を奮えばどんどん延期や先延ばしになり、最終的には頓挫する。
例文4.経済ニュースで新型インフラ投資を目にするほど、日本が経済大国ではなくなっていると痛感する。
例文5.多分5Gのスマホはほぼ中国製AndroidとアップルのiPhoneになり、日本製スマホは相当マイナーになるのは目に見えているので愛国者としては新型インフラ投資の話題は耳にしくたない。
「新型インフラ投資」となる未来について等の例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

新型インフラ投資の会話例

  • 質問者アイコン

    早く、コロナが終息すればいいのに。

  • 回答者アイコン

    でもなかなか終息しないって。もう1年半経過したけど、ワクチン接種のみでしょう。まだまだ続くって。

  • 質問者アイコン

    でも、経済界は新型インフラ投資に動き出しているみたいだよ。アフターコロナを見据えて、米中が新技術を投入してそれは凄い覇権争いみたい。

  • 回答者アイコン

    それはプロレスだって。人々が退屈しないように話題提供をしているだけ。

コロナ後の社会について、男女の意見が分かれています。

新型インフラ投資の類義語

「新型インフラ投資」の類義語には、「新インフラ」「ニューノーマル」「新基建」「ESG投資」などの言葉が挙げられます。

新型インフラ投資まとめ

「新型インフラ投資」はコロナ後の社会を見据えた世界の経済動向であり、従来のインフラ整備とは異なる5Gなどを中心とした先端技術を構築するものです。現在は中国が大きくリードをしているようで、対抗してアメリカを中心とした欧米各国も遅れを取らないように国を挙げて躍起になっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事