新参(しんざん)

新参とは、新たに仲間に加わってからまだ日が浅い人のことを指します。よく新参者とも呼ばれますが、何かのファンやアイドルのオタクで新たに加わった人のことをよく言われています。それでは今回は、「新参」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

新参の意味とは

新参の意味は、新たに仲間に加わることや、新たに仕えることです。その文字の通り、新たに参加する、その分野に加わるといった意味で用いられることの多い言葉となっています。アイドルオタクの間ではよく聞くことも多く、新参は新たに参加した人ですが、昔からその分野に精通している人のことを表すのには古参という言葉が用いられています。新参は英語では、「a newcomer」と表記されます。

新参の由来

新参の由来はその文字の通り、新たに参加、参上することです。つまり、その分野において初心者で始めたばかりの人を指す際に用いられています。

新参の文章・例文

例文1.新参の立場として、少しオタク界隈に入るのは怖い時もある。
例文2.新参の社員だが、先輩に負けないように頑張る。
例文3.新参の自分でもできることを全力で行う。
例文4.あの新しく入った子は、新参の割にスキルも高く、周りから好評だ。
例文5.新参だから、色々と教えてもらいながらやっていこうと思う。
新参を使った例文になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

新参の会話例

  • 質問者アイコン

    この間初めて落語を見に行ったんだ。

  • 回答者アイコン

    へーそうなんだ。面白かった?

  • 質問者アイコン

    面白かったんだけど、何しろ新参者だから、わからないことも多かったよ。

  • 回答者アイコン

    すごいね。私も落語見に行ってみたいな。

落語を初めて見に行ったことについて話している様子になります。

新参の類義語

新参の類義語には、「新米」「初心者」「ミーハー」などがあげられます。

新参の対義語

新参の対義語には、「古参」「老舗」「ベテラン」などがあげられます。

新参まとめ

新参とは、新しく仲間に加わった人や、新たに仕える人のことを表す言葉でした。新参の人は、何をするにしても不安なことが多いと思いますが、誰もが最初は新参者の時を経験しているので、焦ることなく新参として加わると良いのかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事