政党政治

政党政治については、さまざまな議論が昔からあります。政党政治になった仕組みは独裁を排除する為という理由付けがあるのですが、その恩恵を被っている現代国家は少ないというのが世間一般での見識になります。

政党政治の意味とは

政党政治については、その意味から理解しなくてはなりません。政党政治でおぼ大方の裁量権をもつのは、与党と呼ばれます。そして、それを糾弾するかたちで野党が存在しています。通常与党は一党であり、野党は複数です。つまり、与党の独断的判断を抑制する意味で野党が存在し、その反対派の勢力をまとめて政党政治全体と言われます。

政党政治の由来

政党政治の由来としては、国王に依る独裁や、執権に関して執政官が任期を以上に増加させないために考案されています。つまり執政官に対する糾問の意味でも、補佐の意味でも、政党政治が議会をまとめて、大臣との連携と議論を重ねていくという意味があるのです。

政党政治の文章・例文

例文1.政党政治においては、野党の力量が試される
例文2.与党だけの考え方では、政党政治とは呼べない
例文3.政党政治においては、与党と野党は敵同士でなくてはならない
例文4.与党は野党の意見を真摯に受け止めることが政党政治では重要だ
例文5.政党政治は任期制を保っている
現在の自民党政権においては、公明党の連立によって政権が作られています、これは自民党だけで過半数を取れなかった際に連立する事で政権与党であり続ける事が可能になります。また公明党としてもキャスティングボードを握るという意味で価値ある連立であるという政治的思惑が見え隠れしています。

政党政治の類義語

政党政治の類義語において、与野党という言葉があります。通常は連立という考え方はおかしいので、与党は議席数を単独で伸ばさなくてはなりません。

政党政治まとめ

政党政治のおかげで国家政治や、地方分権における行政組織があやうくなるという状況はよくあります。これは、かつて起こったような独裁に依る、市民への無益を抑止するために、政党政治が考案されたのです。つまり、野党側にも政党政治を管轄する義務があります。与党だけの判断ではまとまらないコメントを多用することで、与党を制御していくのです。

この記事を読んでいる人に人気の記事