成果主義

日本の大手企業の日産自動車、三井物産、富士通、日本マクドナルドなど90年代から導入が始まった成果主義という制度がありますが、メリットとデメリットを含めて説明していきます。

成果主義の意味とは

成果主義の意味は企業において、仕事の成果その途中経過過程を評価して、給与や人事を決定していく事を指します。
成果主義のメリットとして、モチベーションの向上と責任の所在が明確化することが挙げられます。また成果主義のデメリットとして、基準が客観的でないこと。目標が短期的なものになってしまうこと。社内のネットワークの希薄化が挙げられます。

成果主義の由来

成果主義の由来は1990年代から高度経済成長期以降の日本の年功序列制度が破綻しかけたことにより、新しい人事評価制度として導入されるようになりました。また最近では日本版修正成果主義もあり、より日本にあった方法へと変貌している様です。

成果主義の文章・例文

例文1.成果主義の導入は企業によって成功失敗が分かれる
例文2.成果主義と能力主義は違うものである
例文3.花王のように成果主義導入が成功した事例もある
例文4.アメリカに倣うのではなく日本に則した成果主義が必要だ
例文5.評価が曖昧になる成果主義を避ける企業も多い
日本国内の企業でも成果主義を導入し、多くの企業が失敗から成果主義の導入を断念しました。この背景には欧米色の成果主義をそのまま日本に持ち込んだことにより、文化や考え方の違いもありその当時の日本には適さなかったと言う事でしょう。

成果主義の類義語

成果主義の類義語としては、「結果主義」や「能力主義」があげられます。関連する言葉としては「バイアス」や「ハロー効果」となります。

成果主義まとめ

日本では成果主義の成功例として花王取り上げられることが多い。また2000年以降に成果主義を導入した企業に関しては、日本版修正成果主義と言われ、働いている人からの評価は高くなっています。いつの時代も日本人の文化や思考に則した方法論が必要となるのでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事