成年後見人

さまざまな価値観が生まれ、多様な生き方が生まれてきた現代のニッポン。親や親せきの介護に携わっていると、避けて通ることができないのが成年後見人という制度です。成年後見人とは一体どのような意味をもつ言葉なのでしょうか。成年後見人の正しい意味を知り、未来ある明日への礎にして欲しいと思います。

成年後見人の意味とは

成年後見人とは心の病や認知症など様々な理由により、自分で判断がおこなえない人の代わりに、暮らし全般にまつわるサポートをおこなう人のことです。成年後見人になるためには家庭裁判所に申告をおこない、訴えを認めてもらう必要があります。成年後見人になると本人の代わりに契約を結んだり、預貯金などの資産を管理することが可能になります。

成年後見人の由来

高齢化社会を迎えた日本では認知症を患うお年寄りも、軒並み増えています。認知症を患うと冷静な判断ができにくくなるため、詐欺や訪問販売の被害にあいやすくなります。このような被害を防ぐために生まれたのが、2000年に施行された成年後見制度というものです。成年後見制度の政令により、判断ができない本人に代わって契約や取り消し・相続の手続きをおこなうことができる成年後見人の存在がクローズアップされるようになりました。詐欺被害撲滅のために生まれた法令ですが、実際には当事者の預貯金の解約・老人ホームに入居するときの介護保険の契約として、成年後見人制度を利用する方が増えているようです。

成年後見人の文章・例文

例文1.認知症の母のために、成年後見人になることを決意した
例文2.当ホームに入居するためには、成年後見人の署名が必要になります
例文3.将来の遺産相続にそなえて、実の兄が成年後見人になりました
例文4.成年後見人になるためには、どのくらいの期間がかかりますか
例文5.相続で困らないためにも、成年後見人の理解を深めることが大切だ
メリットが大きいと感じる成年後見人の制度ですが、一方で裁判所に適合と判断されなかった場合、第三者が成年後見人になる可能性もあります。制度の長所・短所を理解しておくことが重要です。

成年後見人の類義語

成年後見人の類義語として、相続人・財務管理者・責任者などの言葉があります。似た意味をもつ身上監護者とは、判断がにぶった人の代わりに身の回りの世話をする人のことを指しています。

成年後見人まとめ

成年後見人は認知症などをわずらい、判断能力が欠落した人に代わり不動産や預貯金の管理をおこなう人のことを指します。成年後見人になるためには裁判所に申し立てをおこない、申し立てが受理される必要があります。
また成年後見人制度は対象者が亡くなるまで、半永久的に続く制度です。メインバンクの解約や老人ホームの入居時に使われることの多い制度ですが、どのような名目でお金が使われたのか、都度裁判所に申告する義務も生じてきます。自分のライフスタイルを考え、成年後見人になることが妥当なのか、第三者の意見にも耳を傾けて決断することが求められます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事