懇親会を楽しむ人たち

懇親会(こんしんかい)

最近は懇親会や飲み会など大人数で話す場が苦手だという若い人は多く、若者の飲み会などの参加率が悪い傾向にありますが、大人になると大学、会社に入ると懇親会が開かれ大人数で食事に行くことが増えていきますね。実は、親睦会と懇親会では意味が少し異なるそうです。では、懇親会はどういう目的があって行うものなのでしょう、これから解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

懇親会の意味

「懇親」という言葉は、打ち解けて親しくするという意味があります。また、懇親会は親しくなるのに加えて情報交換を目的としています。

懇親会の由来

打ち解けて親交を深めるという意味を持っているのでグループや業界、組織の中で行われることがほとんどです。そのため話す内容としてもアドバイスをもらったり近況報告をしたりと親交を深めながら同じ目的のために連携を取りやすくしたり、他の部署や違う組織との情報を交換する場として設けられます。

懇親会の文章・例文

例文1.来月部活の懇親会をやるので母が他の人に聞きたいことがあると楽しみにしている
例文2.明日は会社の懇親会なので、他部署に行った同期と久々に話せる
例文3.せっかく懇親会に行くので色んな人話してこの会社の魅力を聞いて回ろう
例文4.懇親会の後から会社全体の連携がとりやすくなった気がする
例文5.去年大成功に終わったので今年も懇親会の幹事をやる事に決まった
親睦会とは違い少し固い印象はありますが、懇親会は情報と人脈を得る良い機会だと思います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

懇親会の会話例

  • 質問者アイコン

    来月の懇親会行く?俺こういうの苦手だし少し迷ってるんだよね。

  • 回答者アイコン

    私は行くよ?会社にどんな人がいるのか知らないし、仲良くなれるかは別として知っているか知らないかでは動きやすさが違うからね。
    行きたくないなら行かなくても良いんじゃないかな?

  • 質問者アイコン

    確かにそうだよなぁ、強制参加ではないけど断りづらいし、参加でいいかなぁ。

  • 回答者アイコン

    もし不安だったら一緒にいようか?2人で挨拶とか話しに行けば、一人にならないし人脈も広がるかもしれないし、それなら悪くないでしょ?

この男性のようにイベントや飲み会が苦手だという人は結構多いですね。

懇親会の類義語

懇親会に似た言葉には「親睦会」が挙げられます。

懇親会まとめ

懇親会は基本的には食事や会話をしながら組織の人間同士、親睦を深めて、話しやすい雰囲気を作りながらモチベーションを上げていこうというような場になります。同じ目的を持った人との情報交換や人脈は結構仕事をしている上で重要になっていくので積極的に参加したいものです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事