仕事に取り組む姿勢に感銘を受ける

感銘を受ける(かんめいをうける)

皆さんは感動したことがありますか。生きていれば心を動かされることは多いと思います。感動できるドラマ、映画などの作品を見たり、素晴らしい演奏を聴いたりして心を動かされた経験を一度はされたことがある人は多いのではないのでしょうか。そんなときに使われる言葉として感銘を受けるという言葉があります。今回はそんな感銘を受けるという言葉の意味、由来、使い方などについて説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

感銘を受けるの意味とは

感銘を受けるとは、忘れられないほど深く感動すること、心に刻み付けるという意味です。

感銘を受けるの由来

感銘の「感」からは感情や感じることを指しており、「銘」は優れているという意味を持っています。これらの言葉を組み合わせて感銘という言葉が成り立っています。

感銘を受けるの文章・例文

例文1.尊敬している人の言葉に感銘を受ける。
例文2.今まで生きていた中考え方を改めさせてくれた恩師の言葉には、感謝をしているしとても感銘を受けたことを覚えている。
例文3.この映画はとても感銘を受ける内容だったので、知人に紹介した。
例文4.私の人生において感銘を受けたものは多く存在していて今でも思い出として深く残っている。
例文5.上司の仕事のやり方に感銘を受け、仕事への取組み方や考え方が変わった。
この例文のように感銘を受けるはなにかよって心を動かされたときに使うことが多いです。特に作品や誰かの言葉から影響を受ける感動したさまを表すさいには適しています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

感銘を受けるの会話例

  • 質問者アイコン

    最近、読書にはまっているんだよね。その中でも感銘を受けた作品がいくつかあってね。

  • 回答者アイコン

    そうなんだね。読書はいいよね。よかったら僕にその本を紹介してくれないかい?

  • 質問者アイコン

    いいよ。その本の内容について読んだ人と感想を話したいと思っていたんだよね。

  • 回答者アイコン

    じゃあお願いするよ。読み終わったらまた連絡するね。

心を動かされる作品に出えることはとても楽しいですよね。趣味の合う人と作品の紹介をしたり感想を共有したりするものいいのではないでしょうか。

感銘を受けるの類義語

感銘を受けるの類義語には、「心を震わせた」「感嘆した」「感涙した」「心を動かされた」「心にじんときた」などがあります。

感銘を受けるまとめ

感情を表す言葉は、生活をしていれば使う機会があると思います。このさいに感銘を受けるという言葉を覚えて使いこなせるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事