感受性とは覚的刺激に反応を示しやすい性質

感受性(かんじゅせい)

性格診断テストで「あなたは感受性の強い人です」という結果が出たことはありませんか?感受性が強いと何が良いのでしょうか?また、感受性がマイナスに働くことはあるのでしょうか?この記事では「感受性」についてまとめていきます。

感受性の意味とは

感受性とは人間の性質の一つです。意味は「外からの刺激を受け入れる・感じ取る能力」のこと。「感受性が強い」「感受性が弱い」というような使い方をします。
自然を見たり、芸術を見る時に様々なものを感じ取れる人は感受性が強いと言えます。
感受性の強い人は様々な素敵な面を持っていますが、同時に弱さも抱えています。少し見てみましょう。
感受性の強い人は繊細な感性を持っています。自然や芸術に感動したり、他人の感情に敏感です。それゆえ、その人を気遣ったり、その場を読んで行動したりします。逆に、色々な人の感情を感じすぎて疲れてしまったり、振り回されてしまうという傾向もあります。また、人の感情を大きく感じてしまうため、時に自分の意見を主張できなかったり、小さく見てしまいがちです。
感受性の強い人は様々なセンスに恵まれており、人の意をくんであげることができる反面、「もう少し鈍感だったら楽なのに」と色々なことを感じすぎてしまうことで疲れてしまうこともあるでしょう。
感受性の強い人は、自分を大切にすることを忘れてはいけませんね。

感受性の由来

感受性は人の性格についての言葉。いつ頃から使われるようになったかなどの由来ははっきりしません。

感受性の文章・例文

例文1.あの人は感受性豊かな素敵な人だ
例文2.感受性が強いと、時に疲れる
例文3.自然や芸術に触れて、もっと感受性を磨いた方がいい
例文4.彼女は感受性が乏しい生徒だ
例文5.各個人の感受性を重んじよう
例文のように、「感受性が強い・弱い・豊か・乏しい」などの言い方が一般的です。

感受性の会話例

  • 質問者アイコン

    いやー、あいつの家は本当に芸術家のセンスに溢れていて、楽しかった。また行きたいな。

  • 回答者アイコン

    あまり刺激しないであげて。この前だって、終わった後の彼、相当疲れた顔してたわよ。

  • 質問者アイコン

    え、そうだったかい?確かに彼は昔っからこだわりが強かったけれど。

  • 回答者アイコン

    芸術家肌で感受性が強いのよ。自分の家を人に開放するなんて、昔だったら耐えられないはずなのに、よく頑張ってやってくれたわ。

上記の会話では、感受性豊かな友人について話しています。私たちの周りにも感受性が強い人はたくさんいます。誰しもが感受性の強い部分を持っているかもしれません。

感受性の類義語

感受性の類義語として「共感性」が挙げられます。人の気持ちに共感する能力のことです。共感性の強い人は相手の立場に立って深い愛情を示すことができ、辛い境遇の人や悲しんでいる人に深い慰めを与えることができます。反面、感情移入しすぎたりするという弱さもあります。

感受性まとめ

ここまで感受性について見てきました。生きていく上で感受性はとても大事です。かといって感受性第一にすると、感情に振り回されるだけになるので、感受性と冷静さを両方持ち合わせるのが理想ですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事