情弱は情報弱者を指す

情弱(じょうじゃく)

掲示板などの書き込みを拝見していると、ある話題についてお互いに熱い議論を展開している時が多々あります。その時に、片方が正論などで言い負かす事に成功すると、その相手に対して”情弱”(じょうじゃく、ネットスラング)と見下すように使われる事があります。”情弱”とは、情報弱者の略なのに、なぜ蔑視する際に用いられる事もあるのか? その点についても解説させていただきます。

情弱の意味とは

”情弱”とは、その名の通り「情報弱者」の略語となります。情報弱者とは本来、インターネットなどに疎いので便利な情報全般に対して詳しくない意味となりました。しかし、特に2ちゃんねる(現5ちゃんねる)などの過激な言葉も飛び交う、ネット(掲示板)の世界では、相手を見下す際に”情弱”と使われる事が多いです。ですから、何も最新家電などに詳しくないから”情弱”と使われるよりは、流行の話題、相手の勘違い、一般常識など話題は何でも良く、それに対して少しでも間違いがあると”情弱”と叩かれてしまう傾向があります。よって、単なる罵倒、罵り、煽る意味と捉えて良い言葉が、”情弱”となります。ひと昔前は、ネットやITなどに疎い意味でしたが、現在は本来の意味で使われる事は少ないです。

情弱の由来

1990年代半ば頃からインターネットが普及をし始め、その頃から「情報格差」という言葉が広がりました。これは、インターネットが現在の様には普及をしていないので、利用している人と未利用の人の間には、様々な格差が生じている状態です。この情報格差が、2000年代頃から情報弱者と言葉を変えるようになり、略して”情弱”と呼ばれるようになりました。この頃はまだ、本来の情弱の意味でしたが、2ちゃんねるが飛躍的に利用されるにつれ、そこでは相手を言い負かした際などに”情弱”と軽蔑や罵倒する意味合いで使われるようになったのです。

情弱の文章・例文

例文1.コンビニは高い商品ばかりで、情弱相手に商売している
例文2.そんな事も知らないのは、情弱だと言われても仕方がない
例文3.基礎知識がないから、情弱と話すと疲れる!
例文4.そんな簡単な事は調べれば分かるのに、情弱?
例文5.恥ずかしながら、その分野は情弱なので教えて下さい
その殆どが、相手をバカにするような意味で使われますが、時には自分を卑下する際に用いられる事もあります。掲示板の世界は、真実もありますが、その多くは嘘や適当な言葉の垂れ流しです。ですから、情弱とはある意味では、本音や本心が詰まっている言葉でもあります。

情弱の類義語

情弱の類義語には、「厨房」「DQN」などの言葉が挙げられます。これらも、相手をバカにする意味が含まれているネットスラングです。

情弱まとめ

ネットの情報などが詳しくない人が「情報弱者」で、それを略したのが”情弱”となりますが、現在は相手をバカにしたり蔑視する際に、主にネットの掲示板で使用される言葉となっています。一時期ほどは使用されていないようですが、それでも誰かしらが使っているのが実情です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事