情けは人の為ならず

情けは人の為ならずという慣用句があります。この慣用句の本来の意味は、禅のような、自分がかけた愛情は周り巡ってくるという意なのですが、はたして民間の言葉では、別の意味に捉えられたりします。

情けは人の為ならずの意味とは

情けは人の為ならずという、無常の意味で考慮すると、人に情け・同情をかけるのは無意味という感触になります。ですが、それは、ほんとうにわるい人に対してのことで、少しでも望みのありそうなときでは、同情心や情けをかけたほうがいいのです。これは、それを確認している上長がいるという意味です。

情けは人の為ならずの由来

仏教や禅そして、キリスト教において、このような愛の実践は宗教のフレーズになっています。そして、一般社会ではそれが慣用句として使用されます。ある種の道徳用語として使用されるのですが、それを正規の意で使用する人は稀です。ですが、結果的にそちらのほうがあとのリターンは大きいのです。つまり、愛情・同情はあとになって成功をもたらすという真の由来です。

情けは人の為ならずの文章・例文

例文1.情けは人の為ならずなので、しっかりと叱った
例文2.愛情の叱責は、情けは人の為ならずの意味である
例文3.情けは人の為ならずという、慣用句で愛情をなくすのは逆効果である
例文4.情けは人の為ならずであるので、あえて返事をしない人に、同情をかけた
例文5.お礼を求めては、情けは人の為ならずに該当しない
間違った意味で使われているケースもあり、本質的な言葉の意味をしっかりと理解しておく事が重要です。

情けは人の為ならずの類義語

この言葉の類義語には、同情心我をうがつ。という愛情に強い人の力という意味になります。これは、アジア地区では古い領主の伝統と言われる類です。

情けは人の為ならずまとめ

仲間意識だけではなく、あえて自分を苛む人に対しても、愛情と同情をかける真実があります。

この記事を読んでいる人に人気の記事