悪質タックル

2018年の流行語大賞にもノミネートされた悪質タックル。日本の社会問題にもなりました。メディアでも取り上げられ注目を浴びたが今回は悪質タックルについて説明をしていきます。

悪質タックルの意味とは

悪質タックルの意味とは故意に相手に対して怪我をさせるような激しいタックルをすることであり、この問題は2018年5月6日に日本大学アメリカンフットボール部と関西学院大学アメリカンフットボール部との定期戦において当時の日本大学内田監督とコーチが選手に対し故意に怪我をさせるような指示を出して大きな社会問題となり、それを断れない雰囲気と部内全体の体質が問題となりました。

悪質タックルの由来

悪質タックルの由来は上記にも書いた通り日本大学アメリカンフットボールと関西学院大学アメリカンフットボール部との定期戦において相手に怪我をさせるタックルをさせたことに由来されます。

悪質タックルの文章・例文

例文1.悪質タックル問題で日大の評判は悪くなった
例文2.日大は悪質タックル問題の根本的改善策を講じるべきだ
例文3.悪質タックル問題では被害者の怪我が大したことなく何よりだ
例文4.加害者の日大選手も記者会見で悪質タックルを謝罪した
例文5.悪質タックル問題は権力の集中により引き起こされた
多くのメディアやテレビ番組でこの悪質タックル問題が取り上げられ加害者被害者ともに大きなダメージを負った。若者に全ての責任をなすりつける指導者のあり方に警鐘をならす事件でもあった。

悪質タックルの類義語

悪質タックルの類義語としては当時の日本大学内田監督が言ったとされる「やらなきゃ意味ないよ」などが挙げられます。

悪質タックルまとめ

関西学院大の被害にあった選手の父親が大阪維新の会で大阪市議会議員を務めていたことから、メディアにも登場し日大に謝罪と説明を求めるなど大きな社会問題となった。被害者の選手そしてその父親とも加害選手を責める事はなかった。問題発覚後の日大の対応はリスクマネジメントの意味から最悪の対応であったと言われている。

この記事を読んでいる人に人気の記事