誰にでも悪態をつく男性

悪態をつく(あくたいをつく)

悪態をつくとは、罵り貶すことです。特に本人の目の前で悪口を言うさまを表す言葉です。小さな子供はかまってもらうために悪態をついてきますよね。小さな子供であれば可愛いいと思えますが、良い大人がその態度ではマイナスの印象しか与えません。ぜひこの機会に「悪態をつく」という言葉への理解を深めてください。

[adstext]
[ads]

悪態をつくの意味とは

悪態をつくとは、罵り貶すことを意味します。

悪態をつくの由来

悪態をつくの「悪」は正しくないことやよくないことを意味し、「態」は様子や振る舞いを意味します。これらの言葉から「悪態」はよくない振る舞いのことを表し、それらから悪態をつくという言葉が生まれ使われるようになりました。

悪態をつくの文章・例文

例文1.悪態をつくことで相手のことを傷つけてしまったことを酷く後悔している。
例文2.彼女は身内に対してはとても優しく思いやりもあって大切にするのにも関わらず、嫌いな相手にはとことん悪態をつく。
例文3.いつもよくしてくれているのに照れ隠しのために悪態をついていてはあまりに彼が可哀そうである。
例文4.君の誰にでも悪態をつく姿勢が多くの人を困らせていることにいい加減気づいてほしいよ。
例文5.子供はいつも悪態をついてくるが、愛らしくて憎める気がしない。
これらから悪態をつくという言葉は相手にとっていい意味で捉えられることがほとんどありません。ネガティブな意味を持つ言葉なので相手を不快にさせるような言い回しはよくないでしょう。使うときには注意しましょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

悪態をつくの会話例

  • 質問者アイコン

    普段はとても大人しい彼女があれほど大声を出して青筋を立てているのは初めてだったからとても驚いたよ。

  • 回答者アイコン

    ほんとだよね。相当、相手が悪態をついて彼女とその友人を罵ったことが許せなかったんだろうね。

  • 質問者アイコン

    うん。流石に僕も彼女に対しての彼の言い分は見ていて許せなかったよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。彼は悪態をつくことはよくあるけど不快に思う人もいるから控えてほしいよ。

悪態をつくことは罵っているさまを表すのに最適な言葉です。そういった状況に出くわした際は是非悪態をつくという言葉を使ってみてください。態度が悪いさまを表す言葉であることから様子が言葉にされている分相手も情景が浮かびやすいのも特徴でしょう。

悪態をつくの類義語

悪態をつくの類義語には、「毒舌」「誹謗中傷」「憎まれ口」「罵倒」「批判」「野次」などがあります。

悪態をつくまとめ

生活していればもしかしたら悪態をついているのを目にすることも有ると思います。また、悪態をつく以外に類義語を合わせて覚えておくと役に立つことがあるかもしれないので是非目を通しておきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事