悪妻は百年の不作にならぬ様に妻は慎重に選ぶべきだ

悪妻は百年の不作(あくさいはひゃくねんのふさく)

「悪妻は百年の不作」とは、「悪妻を持つと百年後まで不幸が及ぶということ」です。昔、女性は結婚して子供を産み、家事や育児に専念していたので、結婚相手として妻の重要性のことを指しています。悪妻を持つと、孫の代まで悪影響を及ぼすので、結婚する相手はしっかりと見極めなければならないということです。

[adstext]
[ads]

悪妻は百年の不作の意味とは

「悪妻は百年の不作」の意味は以下の通りとなります。
(1)悪い妻は、百年もの間、不幸にする。
(2)孫の代まで不幸になる。
(3)夫にとって、ためにならない妻を持つと一生苦労する。
「悪妻」は、夫や子供を不幸にする妻のことです。悪妻の特徴は、自己中心的な考え方を持っていて、敬意を払わず、ネガティブで感情の起伏が激しいようです。
「百年の不作」は、百年もの間、作物の出来が悪いことで、物事が上手くいかないことを表しています。

悪妻は百年の不作の由来

悪い妻を持つと百年の不作続きに匹敵することが由来です。

悪妻は百年の不作の文章・例文

例文1.悪妻は百年の不作と言われているため、結婚相手は慎重に選ばなければならない。
例文2.結婚してから顔色が悪くなってしまって、悪妻は百年の不作だ。
例文3.あの家の奥さんは、いつも高級品をみにつけていて、悪妻は百年の不作ということになってしまう。
例文4.悪妻は百年の不作の場合があるから、結婚は慎重に決めるべきだ。
例文5.悪妻は百年の不作で、父は体を悪くしてしまった。
悪妻は百年の不作を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

悪妻は百年の不作の会話例

  • 質問者アイコン

    先月は結婚式に来てくれてありがとう。

  • 回答者アイコン

    結婚おめでとう!あんなに綺麗な奥さんで羨ましいな。

  • 質問者アイコン

    そんなことないよ。毎日外食ばかりで、全く料理をしないんだ。掃除も洗濯も僕がやっているよ。

  • 回答者アイコン

    ええ!悪妻は百年の不作だね。人は見た目じゃ判断できないね。

悪妻と結婚してしまった男性との会話例です。

悪妻は百年の不作の類義語

「悪妻は百年の不作」と関連する言葉には「悪妻は六十年の不作」「一生の患いは性悪の妻」「愚妻は無きに如かず」「女房の悪いは六十年の不作」などがあります。

悪妻は百年の不作まとめ

今回は「悪妻は百年の不作」について詳しくご紹介しました。悪妻に引っかからないように、しっかりと相手を見極めてから結婚しましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事